ご家庭から事業所まで、電気設備のことなら NAKADEN(中村電設工業株式会社)におまかせください。

 
電気設備おたすけ通信

NAKADEN(中村電設工業)
■本社
〒339-0057
埼玉県さいたま市岩槻区本町六丁目5番22号
TEL:048-758-5588
FAX:048-758-6200

■幸手支店
〒340-0156
埼玉県幸手市南三丁目16番3号
TEL:0480-42-0731
FAX:0480-43-5450

※郵便物の送り先は全て

「幸手支店」宛でお願い致します。

■東京営業所
〒111-0043
東京都台東区駒形一丁目12番10号
TEL:03-3843-8573
FAX:03-3845-5473

 

 

電気設備おたすけ通信

2022/05/01 ~電気設備おたすけ通信vol35~
~電気設備おたすけ通信vol35~

図面がない。図面更新できていない。

電気設備図の図面更新します!

 

GW中も電気工事をおこなっておりました!

埼玉県幸手市を拠点に、地域密着の電気工事会社として皆様のお役に立ちます!

実はGWというワードは電気工事の世界では、「グランドワイヤ」といって、
主に雷から保護する避雷針設備のようなものを指しますが(笑)、皆様はGWはどのようにお過ごしでしたでしょうか。
弊社では、おかげさまで、ゴールデンウイークもたくさん工事のお引き合いをいただき、工事をしておりました。
特に連休中にしか止められない電気設備は、キュービクルの更新や移設、増設、保安協会様からご指摘を受けた
キュービクルの内部機器の更新(トランス、遮断機、断路器、開閉器、コンデンサ、ヒューズ、高圧ケーブル、
変成器など)をせざるを得ないため、たくさんのご依頼をいただいておりました。
次回の大型連休の夏休み・お盆中も弊社は対応しておりますので、連休中の電気工事につきましては、
ぜひ、お気軽にご相談ください。

図面がなくてお困りのお客様、多いです。
図面がなくてお困りの方からよくご相談いただきます。このようなお困りごとはございませんか?
✔ 改修後の図面がない、作っていてもまとまっていない  
✔ 完成当時の図面が保管されていない          
✔ 図面がなくトラブルが発生しても原因がわからない   
✔ 工場長など一部の人しか現状を把握していない     
✔ 図面がなく部内共有・引継ぎができない        
✔ 見えていない部分があり、メンテナンスにひと手間かかる
✔ 二次側の単線結線図まで明確にしたい         


中村電設が調査から図面までワンストップで対応いたします!
電気図面を更新するには、受電側から消費側まで一つ一つ追いかけて作成する必要があります。
電気設備図は事業所内の電気系統と使用設備を明確にする図面です。
つまり、どこで何のための電気が使われて、どの位置に取付けているのかを明確にするための図面です。
電気設備図面を作成するには、まずは建物全体図を参考に建屋の寸法を確認するところから始まります。
その後、変電所から分電盤の経路を把握、分電盤以降の設備情報を記録していきながら、
「電気設備の配置図」「配線系統図」「幹線系統図」「分電盤結線図」を作成していきます。


現在の図面の保有状況に合わせた部分更新や既存図面との突合せ、ゼロから作成など、
ご要望に合わせて図面作成をおこないます。
図面の保存状況は各事業所様でまちまちです。
まずは貴社の保有図面状況からお教えください。
それに合わせて、できるだけスマートな手法で図面更新ができるようにご提案します。
軽微な更新作業から事業所全体まで幅広く対応いたします。


電気図面の作成や更新は中村電設にお任せください!
弊社でよくご相談いただくケースをまとめました。
放っておくと後々、面倒だからこそ、早め早めの対応が大切です。
こちらでご紹介するケースをご参考いただき、同じようなケースの場合は、ご相談くださいませ。

よくご相談いただくケース① 図面がなく全貌を把握できていない

≪Before≫
古い工場を買い取ったため、電気設備図がそもそもなく、全貌を把握できていないという状況です。
生産設備を増設したいが、電気容量が足らない、回路が足らないという理由で設備の増設ができないというケースがあります。

≪After≫
電気図面をゼロから作成したことで、全体の把握および二次側の電気設備まで把握できるようになります。
電気容量も調査し、空き容量を把握し、設備の増設も検討することが可能になります。
メンテナンス時や今後の設備改修や移設の際も検討や依頼がスムーズにできるようになります。


よくご相談いただくケース② 増設や改修により従来の図面と一致しない

≪Before≫
増設や改修を繰り返したことで、当初の図面と違ってしまっている状況です。
漏電や電源がこない、電気が通電しないというトラブル時の対応に非常に困ってしまいます。

≪After≫
既存の図面をベースに、新たに増設や改修した設備を調査し、付け足していきます。
当初と電気容量も変更しているため、現在の電気容量含めて調査していきます。
新しい図面化により、配線や設備の位置を把握することができ、トラブルが起きても迅速な対応が可能になります。


よくご相談いただくケース③ 一部の人間のみが設備情報を把握している

≪Before≫
工場長や設備担当しか配線や設備の配置を把握していない状況です。
工場長や設備担当も高齢になり、引継ぎが必要となりますが、引継ぎしようにも、
図面化されていないため引継ぎがうまくできない状態です。

≪After≫
図面を作成し、設備情報や配線、配置を可視化したことにより、スムーズな情報共有、
設備担当者への引き継ぎが可能になります。工場運営を長期的に考え、工場を長く使い続ける場合には、
電気設備の図面化は必ず必要です。

図面がない、従来の図面と現在の設備情報が一致しない、一部の人のみが設備情報を
把握しているなどのお悩みは、中村電設工業までご相談ください。


キュービクル・分電盤の錆・腐食にお困りのお客さま向け
キュービクルは、様々な機器が銅板製のBOXに収納されています。
錆びが生じるとそこから急速に腐食し穴が空いてしまいます。
そこから水漏れが生じて漏電などを引き起こすため、塗装などの修理が必要です。

錆・腐食している電気設備におすすめの超密着塗着補強コーティング

メーカーが独自開発した「ナノ密着技術」と「塗装補強技術」のコーティングにより、
あらゆるものの防錆・補強を可能にします。塗料の粒子をナノサイズ化することで微細な隙間に入りこみ、
粒子が塗装面にしっかり密着し、塗装の剥がれを抑制することができます(通常の塗装は粒子が大きい)。
さらに、補強成分を混ぜることでボロボロの金属(キュービクルの鋼板製の外壁)を防錆・補強・補修コーティングできます。
塗膜面の強度はなんとコンクリート対比“20倍”となり、塗装対象物の長寿命化を実現します。


電気設備に超密着塗着補強コーティングをおこなうと・・・!
元々、キュービクルの錆が余りにひどいため、更新を考えていましたが、新設の予算を確保するのが難しく、
なかなか投資ができずにいました。
また、錆びた穴から雨水がたまり、漏電の危険性を抱えていました。
そこで、補修・防錆が可能な超密着塗着補強コーティングを実施。
諦めるしかなかった錆や腐食を再生させ、キュービクルを延命化することができました!


こちらのQRコードよりアクセス!


小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら!  


2022/04/01 ~電気設備おたすけ通信vol34~
 ~電気設備おたすけ通信vol34~

照明のLED化や受変電設備工事など中村電設の得意工事

 

 

新年度が始まりました!今年度もよろしくお願いします!

埼玉県幸手市を拠点に、地域密着の電気工事会社として皆様のお役に立ちます!
新年度が始まり、弊社でも新入生が入社しました。2022年度も皆様のお役に立つために、鋭意努力してまいります。
今回は、「中村電設工業の得意工事」特集です!
弊社は、地域密着を活かした電気工事をおこなっておりますが、その詳細な強みまでは、まだまだお客様にお伝えしきれておりません。
そこで、弊社が得意とする電気工事の中でも引き合いが多い、「LED」と「受変電設備」に絞って、ご紹介いたします。
実は、「LED」と一口に言っても本来は“現場環境に合った選定”をしないと、すぐに劣化し、ランプが切れてしまいます。
また、「受変電設備」の内部機器の老朽化や保安協会様からの指摘事項を放っておくと、停電や波及事故につながるといった恐れもあります。
今回は「LED化する際のポイント」と「受変電設備工事の内部機器の更新」における注意点をご紹介しますので、ぜひ、最後までご一読ください。


事業所内でまだLED化していないところはありませんか?
各メーカー、すでに水銀灯・蛍光灯の生産終了。
さらに、水銀ランプの製造・輸出入が禁止されています!

国内メーカー各社が水銀灯・蛍光灯の生産終了を発表しています。三菱電機照明は
LED照明など高効率照明の普及による蛍光灯の販売数量の減少に伴い2020年3月末
をもって大半の蛍光灯ランプの生産を終了し、パナソニックは「水俣条約」に伴い2020年6月末に水銀灯(ランプ)を生産終了しています。
このようにメーカー各社が水銀灯・蛍光灯の販売を終了している中で、交換時期がきた場合はLED等への交換が必要となります。

中小企業でも取り組むべき課題となりつつある脱炭素。
LED化も、「省エネ」という観点で立派な脱炭素の取り組みのひとつと言えます。

2021年は脱炭素元年と呼ばれ、多くの大手企業がカーボンニュートラルを表明した年になりました。
2022年は、その脱炭素の流れが加速化し、それに応じて中小企業でも、取り組むべき課題になっています。
特に大手企業のScope3(サプライチェーン排出量)は、中小企業のScope1,2にあたることから、
大手企業からのCO2排出量の削減要請が日に日に強まってきている状況にあります。
「LED化」は、Scope2の削減をおこなうにも簡単な方法の一つです。
既存の照明に対して、LED化をおこなうだけで、CO2排出量が50%~90%近く削減できます(照明のCO2排出量に限る)。
LED化できていない箇所があるお客様は、CO2排出量削減という点からもぜひ、ご検討ください!

超高温・超低温環境やオイルミスト環境、強酸や強アルカリを使用する化学薬品工場、
プレス機やクレーンの振動が大きい箇所のLEDは、すぐに劣化します。
現場に合ったLEDを選定しましょう!

通常、LEDは半導体製品のため“熱に弱く”、一般的なLEDの周囲温度-20℃~+40℃の範囲以外では寿命が短くなります。
また、粉塵やオイルミストなどが器具に蓄積すると放熱が出来なくなり内部温度が上がり、同様に短寿命の原因となります。
そのため、空調の効かない工場や鉄工所、溶接工場などではLED照明を導入しても数年で切れてしまうのです。
また、強酸、強アルカリを使用するような化学薬品工場、振動が激しい金属加工工場でもよく切れてしまうことがあります。
弊社では、現場環境に合った最適なLEDを選定して、保証付きでご提案いたします。ぜひ、ご相談ください。


受変電設備の工事は中村電設にお任せください!
工場に必要不可欠な電気を安全な形で供給する受変電設備。
定期的な保安点検が義務付けられていますが、そのまま放置してはいませんか?
どこに頼めばよいかわからないという方は、実績豊富な私たちにお任せください。

受変電設備内の各設備の耐用年数
下記は、高圧受変電設備の主な内部機器の交換推奨年です。
それぞれ重要な役割を持っており、どれか一つでもトラブルがあれば、大事故につながりかねません。早めの更新を心掛けてください。
弊社では、使用設備の現状を保安点検報告書を確認して、適切なタイミングで更新をご提案いたします。
機器名称 交換推奨年 機器名称 交換推奨年
変圧器 20年 電力フューズ 15年
遮断器・断路器 20年 VT/CT 15年
高圧交流負荷開閉器 15年 避雷器 15年
コンデンサ 15年 高圧ケーブル 15年

 




変圧器をトップランナー基準以上に変更するとコスト削減&CO2排出量削減!
30年以上前の変圧器をトップランナー変圧器に更新してエネルギー効率が訳50%上がります。
変圧器をトップランナー基準以上に更新した場合の使用電力量の削減、電気料金の削減、CO2排出量の削減イメージを下記にて整理いたしました。



電気に関する課題解決は中村電設工業へ!
多くの事業者様が抱えている問題に対する解決策を、私たちはソリューション提案と呼んでいます。
業種関係なく共通して抱えている問題や、業種特有のニッチな課題など、様々な解決策をHPでも公開しています。
今回はその中でも、「工場の省エネ」についてご紹介したいと思います。
すでに取り組んでいて次何をすればいいかわからない、、、などといった方も必見です!

工場の省エネルギー提案
弊社は、製造工場の省エネルギー提案について、数多くの実績を持っております。
一般的な提案ではなく、お客様の現場状況を踏まえた提案活動を行っています。
「省エネ施策が尽きた」「今後の方向性を一緒に考える機会が欲しい」そのような事業者様に喜んでいただいています。
お気軽にご相談ください。

中村電設工業の省エネ提案の3つの特徴
既存設備の活用が優先

電気からガス・油、更には水までトータル削減

提案から施工まで一貫対応


中村電設工業が省エネ提案が可能な設備の例



お恥ずかしながら・・・
「中村電設さんってこういうのもできるのね」というお声頂きます
前回のおたすけ通信でご紹介した当社の新しいホームページ(通称:なかでんソリューションズ)。
多くの方々にご覧いただけており有難く思っております。
その中で、当社の事業概要を改めて知っていただけ、お声がけいただくことも増えてきました。
是非、一度ご覧いただけますと嬉しく思います!
こちらのQRコードよりアクセス!


小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら!  

2022/03/01 ~電気設備おたすけ通信vol33~
 ~電気設備おたすけ通信vol33~

タイプ別解説 貴社に最適な太陽光発電はコレだ!

 

 

電気代削減にも脱炭素化にもおすすめ!自家消費型太陽光発電
今注目の自家消費型太陽光発電とは?
自家消費型太陽光発電とは、建物の屋根や、敷地内に太陽光発電設備を設置し、
創った電気を自社で消費する方法です。
「電気の自給自足」となることから、使用電力量を抑えられるとともに、
再生可能エネルギーを使用するため、CO2削減等様々な付加価値を出すことが出来ます。



自家消費型太陽光発電の4大メリット
自家消費型太陽光発電には、電気代削減の他、多くのメリットがございます。
補助金や優遇税制などの制度も存在します。

1.電気代削減に繋がる
発電した電気は自家消費できるため電気代の削減に繋がります。


2.BCP対策に繋がる
もしもの災害時にも、発電した電力を使用することで事業を継続できます。


3.脱炭素の取り組みになる
発電時にCO2を排出しない再エネの導入は脱炭素の取り組みに繋がります。


4.各種支援制度が使える
太陽光発電の導入には補助金や優遇税制などの制度が活用できます。



自己所有型と0円設置型はどう違うの?
自家消費型太陽光発電には、自己所有型と0円設置型の二つの設置タイプがあります。
自己所有型は需要家自らが太陽光発電の設置費用を負担する設置方法です。
設置費用を全て自社で負担するため、発電した電気はすべて無料で自家消費することができます。
一方、0円設置型は別の事業者が需要家の屋根上に無償で設置する設置方法です。
設置費用は需要家が電気代やリース料といった形で、事業者に支払います。



設置タイプ・容量別おすすめ自家消費型太陽光発電一覧



自家消費型太陽光発電に関するよくある質問
自家消費型太陽光発電の0円設置モデルを検討されるお客様からいただく質問をまとめました。
設置をご検討されている企業様はぜひ参考ください!

Q.工事の際には停電しますか?
A.はい。キュービクル、分電盤を工事するため、感電防止のために、
  数時間程度停電が必要となります。
  まずは既存の受変電設備を確認させていただいた上、
  工事日についてはご相談させていただきます。

Q.どんな屋根が良いのですか?
A.基本的に以下の屋根であれば、検討できますが、事前に現地調査等の上、
  設置可能か最終判断をさせていただきます。(追加工事が必要になることも有り)


Q.屋根へはどの程度重量が掛かりますか?
A.「約13kg」とお考え下さい。
  太陽光パネルは1枚当たり(1.6㎡)約19kgです。
  また、止め金具が、パネル1枚当たり約2.4kgです。
  つまり、19kg+2.4kg=21.4kgが1枚当たり重量になります。
  これを平米当たりに換算すれば、
  21.4kg÷1.6㎡=13.3kg/㎡となります。


具体的な導入までの流れと必要な資料
自家消費型太陽光発電を導入する場合、まずは現在の電力使用量等を確認させていただくことになります。
電気料金明細や、30分毎のデマンドデータ、そして設置予定場所の屋根図面などが必要になります。


 

 小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら!  

2022/02/04 ~電気設備おたすけ通信vol32~
 ~電気設備おたすけ通信vol32~

地域に寄り添う電気工事会社の脱炭素提案


脱炭素は時流へ!第一歩を踏み出す為に!
考えるよりも第一歩を踏み出す方が大切です!
そのサポーターになれるよう当社も頑張ります!
先日、とある製造業の生産技術の担当の方と面談する機会がありました。
その方は生産技術部に配属後5年、30代後半の課長職を担当している方。
直近2年程で、工場の生産設備である工作機械4台を補助金を活用して更新。
また、コンプレッサの配管を工夫する等といった取り組みを主導されており、月間800万円であった電気代を
600万円まで落とすことに成功したそうです。非常に素晴らしい取組みをされているなと感じました。
そして、私達中村電設工業は、電気工事会社という立場から、そのような方々の支援・サポートをすることが
重要であると感じました。
脱炭素という大きなトレンドが動く今、皆様の良きパートナー・相談相手となるべく、私達もより学び、
皆様のお役に立てるよう頑張っていきたいと思った次第です。
2022年、皆様により良い価値を提供できるよう尽力してまいります!



どうなる脱炭素?製造業が取り組む切り口とは?
脱炭素は大きなトレンドです。誰が第一歩を踏み出すか?という
考えもありますが、自社がどの一歩を踏み出すかを考えることが大切です!
「SDGs」」「ESG」「脱炭素」・・・
これら世界的なキーワードを身近に感じるようになったのは直近5年程でしょうか。
「それって利益も出てメリットあるの?」と考えはするものの、そこが紐づかないために具体的な一歩が
見いだせていない方が多いと思います。
世の中の潮流を整理し、その取り組みの有効性について考えていきたいと思います。

脱炭素は“これから”合理性が伴うものとなるように世界全体が動いていきます。

今回は特に「脱炭素」にフォーカスしていきたいと思います。
CO2を削減する事は具体的な施策として「省エネ実践」「再エネ利用」をすることになりますが、この領域は投資効果が得られるものが限られている領域でした。
しかし、世界的な炭素税の動き(CO2排出量あたり●●円)や、株式市場におけるプライム市場の上場企業に対して
TCFD(環境施策の報告)の開示義務が課せられることから、より多くの投資家を持つ会社、より多くのエネルギーを
使用している事業者から順番に取組む必要性が出てくることになります。

中小企業にもその影響は波及することに。
大手企業との取引要件に脱炭素という項目も。

「大手だけが行うべき取り組みだ」と考えてはいけません。脱炭素の取り組みの一つであるCO2排出量算出の過程には
「サプライチェーンを含めたCO2排出量」という項目もあり、実際に部品供給会社に対してCO2排出量削減をもとめる動きも起きています。
自社の売上を作る上で、脱炭素も重要なテーマになるという事です。

前向きに取り組めば、勿論メリットもあります!先んじて第一歩を踏み出すことが重要です。

この大きな流れは単に「やらなくてはならいもの」なのか?いえ、取り組み方によっては
非常に大きなメリットを得ることができます。
例えば、同業他社に先んじて脱炭素に取組むことで販路拡大のチャンスもあるでしょう。
また、人材採用トレンドの一つとして「環境への取組み」が企業を選ぶ要素として大きなウェイトを
持つようになってきています。
非常に難しいテーマではありますが、向き合い方次第。中村電設工業は、より合理的に実現性のある形を皆様へ提案し、
この流れを推進しています。


中村電設工業の脱炭素提案ステップ1・2・3
社内にはいろいろな役割を持つ方がいて、その立場によって「脱炭素」への見方・見解も様々です。
私達は地域に寄り添う電気工事会社として、皆様の課題を一緒に解決する取り組みを進めています。


脱炭素へ取り組む本来のステップは「見える⇒減らす⇒埋合せる」
脱炭素の取り組みの正攻法は
①見える(CO2排出量を可視化する)
②減らす(設備投資・運用改善等でCO2排出量を削減する)
③埋合せる(それでも足りない削減量を排出権取引などで補う)という流れです。
しかし、その為にはトップダウン等の強烈な先導力が必要。電気・設備担当の身としてどのように推進をしていくのか…
というご相談をよくいただきます。


私達の脱炭素提案は「スモールスタート⇒再エネ活用⇒国策活用」
私達は担当者発信で実現できる脱炭素が大切であると考えています。
その為には、「脱炭素に挑戦している」という社内風土づくり、皆様の操業に影響を掛けない施策から順番に展開をしていくことが重要であると考えています。
当社の脱炭素提案のステップをご紹介します。

STEP1 先ずは小さな成功体験を!デマンドコントロールによる電気代削減から!

小さな成功体験作りから一緒に進めていきましょう。
当社ではその一歩目としてデマンドコントロールシステムをご提案しています。
事業場内の電力状況監視、状況に応じた空調設備の制御を通して、省エネ&電力代コスト削減を実現します。
電力の見える化と省エネメリットを両方同時に取組むことができ、投資しやすい金額帯でご提案ができる為、
脱炭素の入り口として最適であると考えています。(もちろん、その他省エネ施策も多数あります!)

STEP2 次は太陽光発電・自家消費に!太陽光は「投資回収できる」設備です!

次は大型投資ですが、太陽光発電に挑戦をしていただきたいと考えています。
当社も昨年より自家消費太陽光の提案をスタートしましたが、多くの反響を頂いています。
今までの経験からそのポイントをご紹介すると・・・
①投資回収は長いが確実に(それでも短くなっています)
太陽光発電の投資回収期間はどれくらいだとお考えでしょうか?
現在の電力単価で概算すると、8~13年ほどで投資回収ができるものが多くなっているように感じます。
(時には7年を切る案件も・・・!)
②CO2排出量削減において大きなインパクト
電気を再エネに変えるというのは脱炭素において大きな成果につながります。
(電力を再エネ100%にしてしまえば、電力使用によるCO2排出量はゼロ)投資は大きいですが、最も効果的な手法と言えます。
③補助金の活用も!
自家消費太陽光は国をあげて推進されており、現在は補助金が出されています。
ただ、今後の時勢から「太陽光導入が当たり前」になると補助金が出されなくなる可能性もあります。今が補助金活用のチャンスと言えます。

STEP3 補助金を活用して設備更新!国策は「未来の日本」の為の国のサポート策!

そして最後は、国策を上手に活用して設備更新を進めましょう。
省エネ率の高い設備は高価ですが、それの導入を推進する為に国は補助金を設定しています。
上手に活用することで、エネルギー使用量を削減し、CO2排出量を減らしていく事ができます。


電気に関する課題解決の中村電設工業へ!
より皆様の短期・中長期的な課題を一緒に解決していくパートナーと成長していくべき、
当社の取り組みをまとめてみました。
今すぐの補修・メンテナンスから、来期予算策定のための対応、中長期的に技術継承をするための図面整備、
会社の成長に合わせた投資検討まで幅広くサポートさせていただいています。
お客様の課題を解決するものを「ソリューション提案」と呼び、力を入れています!
省エネ提案

導入しやすい省エネ商材を紹介し、3~5年などの短期間で投資回収を実現できる省エネ対策をご提案します。
現場診断も実施しています。

電気図面作成

設備改造を繰り返し現状と合致した電気図面がない工場も多々。
当社では、現場に合わせた図面更新の助勢作業を対応しています。

電力の見える化IoT提案

電力の見える化はIoT・スマートファクトリーの第一歩です。
手軽に行えるスモールスタートIoTをご提案します。

自家消費太陽光

今は自家消費太陽光の時代。現在では短期間で投資回収ができるものもあります。
注目を集める脱炭素の取り組みを支援します。

省エネ補助金提案

補助金を活用した設備改造工事をサポートします。
補助金の公募情報などのお客様に役立つ情報の発信もおこなっています。

受変電設備補修

受変電設備の定期保安点検で指摘を受けた設備について、補修工事を行います。
各設備の寿命を延ばすご提案もします。


お恥ずかしながら・・・
「中村電設さんってこういうのもできるのね」というお声頂きます
前回のおたすけ通信でご紹介した当社の新しいホームページ(通称:なかでんソリューションズ)。
多くの方々にご覧いただけており有難く思っております。
その中で、当社の事業概要を改めて知っていただけ、お声がけいただくことも増えてきました。
是非、一度ご覧いただけますと嬉しく思います!
こちらのQRコードよりアクセス!


小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら!  

2022/01/05 ~電気設備おたすけ通信vol31~
 ~電気設備おたすけ通信vol31~

中村電設工業の工事提案ご紹介

コンセント一つから脱炭素・省エネ提案まで対応

 

 

本年も中村電設工業を宜しくお願いします!

明けましておめでとうございます。小さなお困り事からお気軽にご相談ください!

2022年がスタートしました!
世の中を見渡すと脱炭素をきっかけとした新たなスタンダードへの動き、半導体や非鉄金属不足等今までにはない変化が起きています。
変化も上手に向き合う事で成長につながると信じております。
私達、中村電設工業は、電気工事会社という立場から皆様の電気設備をお守りするという役割に併せ、
今後の世の中に必要とされる工事会社として成長を続けていきたいと考えております。
その一つとして、以下にあるような課題解決を推進するような提案にも挑戦しています。
今年も皆様のお役に立てますと嬉しく思います。本年も宜しくお願い致します!

私達、中村電設工業が行っている工事種類について
■小さなお困り事から解決・サポートしています!
私達、中村電設工業は埼玉県幸手市に拠点を持つ電気工事会社です。
今までは、建設会社様から頂く工事や公共工事を主として事業を営んできました。
その中で、約3年前から民間事業所の物件対応も拡大し、現在では当社の注力テーマになっています。
新設時の工事だけではなく、改修やレイアウト変更時の電源工事、その他LED化や電気図面の整理まで幅広く対応をしています。
受変電設備工事

引き込み工事、受変電設備の設置、機器の増設及び交換工事から、定期点検やメンテナンス、さらには劣化防止対策まで。

動力設備工事

動力機械へ電気を供給するための各種分電盤、動力盤の設置から、具体的な機械との繋ぎ込みを行います。
設備の増設などに伴う電源の確保も対応します。

盤改修工事

お客様のご要望に合わせて、分電盤・動力盤の新設・更新を行います。
工場レイアウトの変更や設備増強時に必要な場所に電気を誘導する為の工事です。

電灯・コンセント工事

オフィスや工場のコンセント工事や、電灯工事を行います。
コンセント工事では、電圧に合った適切な配線を敷設します。
電灯工事では、LED化や高所での作業など、様々なご要望にお応えします。

構内幹線敷設工事

受変電設備から各設備まで、事業所内のあらゆるところに電気を供給するための電線を張り巡らせる工事を行います。
ケーブルラックのルート変更なども行います。

各種設備工事

お客様のご要望に合わせて、分電盤・動力盤の新設・更新を行います。
工場レイアウトの変更や設備増強時に必要な場所に電気を誘導する為の工事です。

お客様の課題を解決するものを「ソリューション提案」と呼び、力を入れています!
急なトラブル対応は勿論のこと、今までに積み上げてきた実績・技術を基にお客様の課題を解決する提案にも注力をしています。
現在は喫緊の課題ではないものの、将来的には取り組まなければならない。
そのような課題感を共有し、みなさまの状況に合わせた提案を心がけています。
省エネ提案

導入しやすい省エネ商材を紹介し、3~5年などの短期間で投資回収を実現できる省エネ対策をご提案します。現場診断も実施しています。

電気図面作成

設備改造を繰り返し現状と合致した電気図面がない工場も多々。当社では、現場に合わせた図面更新の助勢作業を対応しています。

電力の見える化IoT提案

電力の見える化はIoT・スマートファクトリーの第一歩です。手軽に行えるスモールスタートIoTをご提案します。

自家消費太陽光

今は自家消費太陽光の時代。現在では短期間で投資回収ができるものもあります。注目を集める脱炭素の取り組みを支援します。

省エネ補助金提案

補助金を活用した設備改造工事をサポートします。補助金の公募情報などのお客様に役立つ情報の発信もおこなっています。

受変電設備の補修

受変電設備の定期保安点検で指摘を受けた設備について、補修工事を行います。各設備の寿命を延ばすご提案もします。

当社工事概要をご紹介しています!

一つのパートナーとして電気工事を納める会社に。
当社の工事概要についてご紹介しているホームページです!
当社では、12月より自社のコーポレートサイトとは別に工事概要や事例などを記載しているホームページを開設しています。
ご紹介に留まらず、電気設備担当者の方のヒントになるようなホームページ作りを心掛け、製作をしています。
これから注目を集める脱炭素、省エネ、太陽光発電といった事にも記事を掲載していますので、是非一度ご覧いただけますと幸いです。
こちらのQRコードよりアクセス!


2022年は「設備更新で補助金活用」チャンスの年です!
2022年は設備更新で省エネ補助金を活用しやすい「チャンスの1年」になりそうです。
その理由は、12月に発表された補正予算に設備更新に活用できる補助金の概要が盛り込まれていたためです。
これから各細目が決まりますが、予算状況を見る限り、2度申請チャンスがある年になる見込みです。

令和3年度経済産業省「先進的省エネルギー投資促進支援事業(C)指定設備導入事業」
これと同等の補助金が2022年は2度予定されています。
「先進的省エネルギー投資促進支援事業(C)指定設備導入事業」は経済産業省が令和3年度からスタートした国内最大級の省エネ設備投資に関する補助金です。
新設した段階で、以降10年間は本事業を継続するという記載がありました。
更に、12月の国会で補正予算が決定。その一つに「省エネルギー投資促進支援事業費補助金」がありましたが、
そのPR資料を見る限り、上記と同様の補助金であるとみられます。

以下の設備の更新予定であれば補助金活用の可能性があります!
※「先進的省エネルギー投資促進支援事業(C)指定設備導入事業」採択結果(参考資料)


令和3年度補正予算
省エネルギー投資促進支援事業費補助金
・補助金額:100億円
・現状:執行団体の公募締切2021年12月27日
・予想スケジュール
 執行団体決定 : 2022年1月
 公募要領発表 : 同上
 公募期間    : 2022年2~3月(予想)
 採択発表    : 2022年4~5月(予想)

令和4年度本予算
先進的省エネルギー投資促進支援事業
・補助金額:概算要求額350億円(令和3年度実績325億円)
・現状:予算決定待ち
・予想スケジュール
 公募期間    : 2022年5~6月(予想)
 採択発表    : 2022年8月(予想)
 ※補正予算の為、後ろ倒れになる可能性有

小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら!  

2021/12/03 ~電気設備おたすけ通信vol30~
 ~電気設備おたすけ通信vol30~

省エネ・脱炭素

補助金概算要求

 

各省庁からの概算要求情報をご紹介!来年度の活用へ!

省エネ・再エネ設備投資に関する国の予算の概算要求が定まりました!
気が付けば12月。今年もあっという間に過ぎていってしまいそうです。
昨年はコロナ禍で年末の雰囲気はあまり感じられませんでしたが、今はひと段落し、年越し感が出てきているのではないでしょうか?
今回は、来年度の設備投資の参考にしていただくための補助金情報をまとめてご紹介します。
国の補助金は概算要求と呼ばれる予算建てからスタートし、予算会議を経て来年4月から執行されます。
その概算要求状況についてお伝えします。まだ、確定事項ではありませんが、大枠の方向性が見えるものです。
設備投資の参考にしていただけますと幸いです。ご不明点などはお気軽にご相談ください。

【経済産業省】エネルギーの合理化を推進する為の補助金
経済産業省はエネルギーの合理化を実現させる為に補助制度を行っています。
合理化というのは、クリーンに電力を創出し、また、できる限り効率良くエネルギーを活用することを指しています。
実現にあたっては設備導入の投資が大きくなってしまうという懸念点がありますが、それを補助することで各種設備を普及させ、合理化を推進させています。
国内最大級の省エネ補助金を設定しているのも経済産業省です。

■先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金■


令和3年度実績 325億円 ⇒ 令和4年度概算要求額350億円
国内最大級の省エネ補助金である「(通称)エネ合」の後継型として令和3年度からスタートしたのが本補助金です。
補助金予算は、従来のよりは少額ながらも国内最大規模であることは変わらず、多くの事業者が注目をする省エネ補助金です。
・補助概要:以下4つの形態から自事業所に合致するものを選びます。
 (A)先進事業 : 登録リスト化される先進性の高い設備の導入
 (B)オーダーメイド型事業 : 設計・製造を伴う設備の導入
 (C)指定設備導入事業 :特定機器の導入に関する補助
 (D)エネマネ事業 : エネマネ事業者と一緒に取組む省エネ設備導入
・補助額 : 事業規模や上記形態により 定額、1/3、1/2が補助
令和3年から令和12年までの10年間の事業であると公表されている為、来年度以降の更新予定設備がある場合も検討することが可能です。

■需要家主導による太陽光発電導入加速化補助金■

新規補助金 ⇒ 令和4年度概算要求額80億円
令和4年度にスタートする自家消費太陽光に関する新規補助金です。
非FIT/FIP・非自己託送の太陽光発電設備に関して支給される補助制度です。
要するに、自家消費太陽光の事を指しています。
太陽光発電は、FIT制度により一定数量の普及が実現しました。
しかし、FIT単価の下落により魅力度が相対的に下がったと認知され、今に至ります。
現在、太陽光発電の主流は自家消費に関するものです。
本補助金をはじめとして各種補助制度が充実し、また、脱炭素の観点からも再生可能エネルギー由来の電力の確保は重要な課題になってきています。
・補助額 : 1/2等を予定

【環境省】脱炭素を実現させる為の補助金
環境省の取り組みの方向性は環境保全。そして、現在目下の課題が脱炭素です。
脱炭素を実現させる為には、化石由来の燃料の消費量削減、エネルギーの高効率活用が必要となります。
それを実現させる為の補助制度を展開しています。

■工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業(SHIFT事業)■

令和3年度実績 40億円 ⇒ 令和4年度概算要求額40億円
環境省は以前「CO2ポテンシャル診断事業」と呼ばれる省エネ診断とその診断結果を実現させる為の設備投資に関して補助を行っていました。
令和3年にその後継の補助金として設定されたものが本補助金と言えます。
・補助概要&補助額:以下2つの事業があります。
 ①脱炭素化促進計画策定支援 : 1/2 ※上限100万円
 ②設備更新補助 : 1/3
  但し、工場・事業場単位で15%以上削減の場合上限1億円。
  主要なシステム系統で30%以上削減の場合上限5億円。
令和7年度までの事業とされています。

■グリーンリカバリーの実現に向けた中小企業等のCO2削減比例型設備導入支援事業■

新規補助金 ⇒ 令和4年度概算要求額8億円
中小企業を対象に、省CO2設備の導入を促進する為の補助制度となっています。令和4年度の新設補助金となっています。
・対象設備 : 空調機、給湯機、冷蔵冷凍庫、ボイラ、高機能換気、EMS
・補助額 : 以下2つの低い方の金額(上限5000万円)
 (A) 年間CO2削減量×法定耐用年数×5000円/tCO2
 (B) 総事業費の1/2 ※空調等とセットで高機能換気導入時は2/3

■PPA活用等による地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業■

令和3年度実績 50億円 ⇒  令和4年度概算要求額37.8億円
注目を集めるPPA導入に関する補助制度です。
太陽光発電の導入方法は様々な手法があり、その一つがPPAと呼ばれる「発電事業者が、企業等の 敷地内に太陽光発電設備を設置し、 発電設備からの電力を供給する」というものです。
本補助金の設置により、PPA導入時における条件が緩和され、導入事業者にとってメリットが創出されることが予想されます。

【国土交通省】建物という視点から省エネを実現させる
国土交通省は建築物の省エネ化を推進することで省エネ・脱炭素に貢献するという方向性を取っています。

■環境・ストック活用推進事業(既存建築物省エネ化推進事業)■

令和4年度概算要求額87.98億円(1.17倍)
躯体を含み、省エネ設備導入などを含む省エネ化改修に関して補助を行うという補助制度です。
上限額も大きく、また、LED照明化、空調設備の導入なども含まれるという点が特徴です。
躯体に関する省エネ工事とは、断熱材の設置窓ガラスの複層ガラス化等となります。
通年、工場は含まれず、オフィス棟などが対象となっています。


中村電設工業トピックス!2021年11月~12月の取り組み
中村電設工業は創業以来幸手の地にて事業を営んでまいりました。
11月15日、現状の事業所の場所から徒歩5分ほどの場所に、新社屋を開設することとなりました。
また、当社の取り組みをご紹介するホームページを既存サイトとは別に開設。
当社の事業についてより多くを知っていただく場としてご利用いただけますと幸いです。

2021年11月15日 新社屋へ移転しました!

既存社屋から徒歩5分ほどの場所に新設。
この度、当社は新社屋を建設、移転することとなりましたことご報告申し上げます。
新社屋は、既存社屋から徒歩5分ほどの場所で、既存社屋は今後工事資材の置き場などで使用する方向で考えております。
今後は新たな事業所を活用し、より多くの技術力・対応力のある社員を採用・育成し、皆様に品質の高い工事サービスをご提供できるよう努めてまいります。
新社屋住所
〒340-0156 埼玉県幸手市南三丁目16番3号
電話番号:0480-42-0731(電話番号は変更ありません)



2021年12月 当社の工事概要や取り組んでいることを知っていただくためのHPを新たに開設!

当社工事内容を中心にご紹介するホームページを新設しました!
12月1日に当社の工事概要をご紹介するホームページを新設いたしました。電気工事と一言で言っても、その工事領域は多岐に渡ります。
また、お客様の事業所状況に応じた配慮事項や、良く多くの事業所で起こるお困りごとの解決提案なども掲載しています。
このホームページがきっかけとなり、当社のことをより知っていただき、皆様の工事・課題を解決するお手伝いができればと思っております。是非一度ご覧ください。

小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら!  

2021/11/01 ~電気設備おたすけ通信vol29~
 ~電気設備おたすけ通信vol29~

今、注目が高まる
節税対策と太陽光発電


民間企業による脱炭素化投資が加速化

2050年カーボンニュートラルに向け、大企業から中小企業まで幅広く脱炭素設備が節税対象に!
2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「2050年カーボンニュートラル」という高い目標に向けて、2021年8月2日の「産業競争力強化法等の一部を改正する等の法律」の施行に伴い、生産プロセスの脱炭素化に寄与する設備や、脱炭素化を加速する製品を生産する設備に対して、税制上支援する措置が創設されます。
中小企業向けでは、「中小企業経営強化税制」が延長となっており、脱炭素関連の設備導入を行いやすくなるような制度があります。
今期・来期に向けて脱炭素関連の設備投資を行う予定がある場合は是非内容をチェックしてみてください!


自家消費型太陽光で活用できる「中小企業経営強化税制」とは?
「中小企業経営強化税制」は、質の高い設備投資の促進によって事業者の生産性向上を図り、我が国経済の発展を図るため、「先端設備」や「生産ラインやオペレーションの改善に資する設備」を導入する際の税制措置として新設されたもの。中小企業者等が設備投資を行う際に利用できる税制措置になっており、更に厚い税制措置を受けることができます。




中小企業経営強化税制の詳細
中小企業経営強化税制では、生産性向上設備(A類型)・収益力強化設備(B類型)・デジタル化設備(C類型)・経営資源集約化設備(D類型)の4種類あり、脱炭素関連でなおかつ活用されやすい「生産性向上設備(A類型)」の詳細は以下の通りとなります。
類型 生産性向上設備(A類型)
要件
①経営強化法の認定
②生産性が旧モデルと比較して年平均1%以上改善する設備
対象設備
◆機械・装置(160万円以上)
◆測定工具及び検査工具(30万円以上)
◆器具・備品(30万円以上)
◆建物附属設備(60万円以上)
◆ソフトウェア(70万円以上)
設備例
【器具・備品】 試験・計測機器、冷凍陳列棚
【建物附属設備】太陽光、ボイラー、LED照明、空調(工場の休憩室に設置される冷暖房など)
【ソフトウェア】情報を収集・分析・指示する機能
確認者 ◆工業会等
対象業種
農業、林業、漁業、水産養殖業、鉱業、卸売業、道路貨物運送業、倉庫業、港湾運送業、ガス業、
小売業、料理店業、その他の飲食店業(料亭、バー、キャバレー、ナイトクラブその他これらに類する事業を除く)、一般旅客自動車運送業、海洋運輸業及び沿海運輸業、内航船舶貸渡業、旅行業、
こん包業、郵便業、通信業、損害保険代理業
サービス業(物品賃貸業及び娯楽業(映画業を除く)
商業、農林水産業活性化税制の対象事業

 

 

カーボンニュートラルに向けた投資促進税制の創設
カーボンニュートラルに向けた投資促進税制では、下表の様に、①⼤きな脱炭素化効果を持つ製品の⽣産設備、②⽣産⼯程等の脱炭素化と付加価値向上を両⽴する設備の導⼊に対して、最⼤10%の税額控除⼜は50%の特別償却が新たに創設されます。



導入イメージ(自家消費型太陽光発電)
自家消費型太陽光発電では、設置場所・電力使用量に応じて、最適な容量を設計します。発電した電気=自家消費分=電気代削減量とした際の削減イメージと、節税効果等による導入イメージは以下の通りです。



具体的な導入までの流れと必要な資料


小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら!  


 

2021/10/02 ~電気設備おたすけ通信vol28~
~電気設備おたすけ通信vol28~

省エネ設備投資補助金採択結果
これから始める補助金活用のポイント


予算組で動き始める企業様も多くなってきています。

設備投資には補助金の活用も是非ご検討ください!
9月末で緊急事態宣言が明けました。早いペースで減少し続けているコロナ感染者数のニュース。
ワクチン接種の影響が大きいのでしょうか、何にしてもありがたい限りです。
さて、10 月あたりから来年度の設備投資計画を立て始める会社様が多くなります。昨年は多くの企業様で投資計画策定に
悩まれたと聞きます。振り返ってみれば、コロナ禍は短期的に収まることもなく、今・現状を通常モード
として考えていくことが妥当であると言えます。
今回は、今年の省エネ・設備投資に関する補助金についてご紹介してまいります。
皆様の投資計画の一助になれば幸いと考えております。


主要省エネ・設備投資補助金の採択情報をご紹介
各省庁が行っている主要省エネ補助金の採択結果が続々と発表されています。補助金の概要と一緒にご紹介いたします。
この補助金ならば、自社でも取り組めるというものがありましたら、お気軽にご相談ください。

■国土交通省令和 3 年度 既存建築物省エネ化推進事業■

省エネ建築物を推進する国土交通省が主管する補助金です。躯体に関する省エネ施策(断熱材や省エネ性の高い窓ガラスの導入等)に合わせて、一次エネルギーと呼ばれる照明・空調・給湯器・昇降機の省エネ設備更新に関して補助が出
されるというものです。工場などの製造機能を持つ建物は対象外ですが、それ以外の建物は対象となっています。
➡申請採択結果:申請68 件 採択 64 件
 採択率94.1%


■環境省ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業■

当社が注目する自家消費太陽光と蓄電池に関する補助金です。
ストレージパリティとは、蓄電池を導入しないよりも蓄電池を導入したほうが経済的メリットがある状態のことを指しています。その状態を実現させる為の補助金です。kW あたり一定金額の補助が設定されています。
申請件数は発表されていませんが、製造業・小売流通業を主に採択されています。
➡申請採択結果:自己所有の契約形態のものに関して
 一次公募採択:18 件 二次公募採択: 42 件
 三次公募採択:49 件 四次公募採択: 57 件


■埼玉県の省エネ設備・機器導入に関する補助金■

埼玉県でも独自に省エネ設備投資に関する補助金制度を運用しています。他の都道府県でも同様の取り組みはありますので、自社の事業所所在地でも省エネ補助金があるかといったご相談もお受けします。
《埼玉県の省エネ設備・機器導入補助金 》
・令和3年度 CO2排出削減設備導入補助金
①暑さ対策設備等導入事業:躯体、窓ガラスに対する暑熱対策に補助を実施
②スマート省エネ技術導入事業:IoT 設備や EMS の導入に関して補助を実施
③設備導入に関する事業:燃転、高効率設備の導入に関する補助を実施

●補助金の種類は多岐に渡ります。どのような補助金が活用できるのか、そこからご相談ください●


経済産業省「先進的省エネルギー投資促進支援事業」採択結果
国内最大級の省エネ設備投資補助金 経済産業省「先進的省エネルギー投資促進支援事業」
約2400 件の申請、 1300 件の採択という結果が発表されました。
エネルギーの合理化を推進する経済産業省が取仕切る省エネ設備の導入に関する最大級の補助金が、この先進的省エネルギー投資促進支援事業です。
過去の「エネ合」の後進の補助金として、今年から公募が開始されました。本補助金では、大きく4つの公募形式があり、その中で最も注目したいものは「指定設備導入事業 」と呼ばれるものです。


➡埼玉県内の採択結果:採択49 件 補助金額合計 702,023,620 円
 最小金額300,000 円 最大金額 91,500,000 円

実際に近隣の事業所様でも取り組んでいるところは上手に補助金を活用して設備投資を行っています。
皆様の設備投資計画を拝見させていただければ、それにあわせた補助金活用方法のご提案も可能です。


設備投資に補助金を上手に活用する方法を解説します!
コロナ禍で「補助金」というものに対するニーズや認知は一気に拡大しました。
せっかくあるものならば上手に活用したいといったご相談も時々いただくようになりました。
補助金はあくまでも一つの制度であり、それに振り回されることは望ましくありません。
活用できるものを見つけ上手に用いるという考え方が大切です。


是非知っていただきたい!補助金を上手に活用するポイントをご紹介します!!
■とにかく情報収集からスタートしましょう。
補助金公募概要には“傾向”があるので、そこを学びましょう。

先ずは、何といっても補助金情報を知ることが大切です。
昨今のコロナ禍では新しい補助金が多数発表され「補助金=突発的な物」という印象があるかもしれませんが、それは稀。毎年の補助金は、前年踏襲型のものが大半で、また、年末の次期予算の概算要求で粗方の骨子が見えてきます。
補助金は前年のマイナーチェンジを繰り返しながら公募されます。
先ずは、今どのような補助金が有るのかを知るところから始めましょう。
【当社の支援体制】
利活用が期待される補助金の概要や採択結果等を適宜収集。
それらの情報提供は喜んで行います。 お気軽にお声がけください。


■採択可否は機器選定段階でほぼ決まる!「機器選び」が大切!もちろん補助金は1ツールとして。。。

各補助金共に100% 採択されるというものではありません。
一定のルールに則って評価され、評点が高い物から順番に採択されるというのが実際の流れです。
例えば、経産省の「先進的省エネルギー投資促進支援事業」の場合は、「省エネ率」「省エネ量」「費用対効果」の3つの指標に合わせて、細かな加点項目があります。
また、その傾向も過去情報を読み取りながら抽出することが求められます。
補助金採択は運ではなく、採択されるための準備をどこまでできるかによって決まります。
また、補助金を活用するという事は高効率の設備を導入するという事。
時には予算が合わない、オーバースペックという事も。自社の状況に応じて補助金活用を検討することが大切です。
【当社の支援体制】
私達は機器選定から補助金の書類作成のサポートまでを一貫して対応。
そもそも補助金を活用すべきなのかという点からご提案します。


■準備開始はできる限り早く。見積や図面提出など一朝一夕でできるものではありません。

補助金は公募要領が発表されてから公募開始、約1か月間で締め切るというスケジュールで進むものが大半です。
公募が発表されてから内容を読み込んで準備をする というのでは正直間に合いません。
また、直前に公募が発表されるということから、待っていても仕方ないというのが実情。
スタートするならば、翌期の予算組のタイミングから活用可能性を検討するという流れをお勧めします。
【当社の支援体制】
社内の共有なども含めて各種資料を準備しながら皆様の補助金活用を支援します。


補助金はあくまでも「高効率設備を上手に導入する」為の手段です。上手に向き合い、活用する
方法を私達はご提案しています。構想段階からご相談をいただけますと様々なサポートが可能です!


 小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら!  

 

2021/08/30 ~電気設備おたすけ通信vol27~
~電気設備おたすけ通信vol27~

 

受変電設備保安点検指摘事項


ご挨拶~コロナ禍であっても事業を止めない為に~
日本経済は徐々に戻ろうとしている?
電気工事から産業を支え続けていくことが私達の役割です。

今回の緊急事態宣言は今までの物とは少し温度感が違うように感じます。
ワクチンの接種率が高まっていることが良いニュースではありますが、いつになればコロナ禍前のような
日々が戻るのか不安にさえなってくる状況です。
日本経済を定量的な指標からみていくと、産業関連の数値は徐々に戻ろうと確実に良い方向へと動いています(鉱工業統計では、 4 期連続のプラス成長)。
半導体不足や、外国からの材料調達が難しくなる懸念事項はありますが、それでも、今まさにコロナ禍以前に戻ろうと多くの産業が必死に動いているというのが実情です。

その中で注目を集めるキーワードの一つにあるのが脱炭素です。
今まで「環境=経済」という図式が成り立たない中でしたが、今後は多くの企業が「脱炭素」への注力が必須項目となるでしょう。
その動向が、日本経済をどのように変えていくか、私達も電気工事会社という立場からご提案できることを模索していきたいと思います。


保安点検で指摘事項がどうしようと悩む方々も多い
いつくるか想像がついていても、いざその場になると困る「保安点検の指摘事項」
どの工事会社に頼もうかといって悩む事業者様、実は多いです。
工場・事業所が立ち上がり、大きなトラブルなどがなければ約7 年ほどして初めてやってくる受変電設備の保安点検結果の指摘事項。
各部品の寿命がそのあたりから訪れ始める為に、それまでなかった指摘事項が報告書に記載されるようになります。
その会社の規模にもよりますが「担当者が定期的に他事業所と入れ替わる」「担当者が高齢で退職してしまった」「状況に合わせて小さな補修を行っており、電気図面・結線図が最新版になっていない」等といったケースが良くあるようです。
そのような場合、保安管理協会の担当者から、工事対応ができる電気工事会社が紹介されるようですが、そこにお願いするのも良い物か・・・
ということで新たに電気工事会社を探されるという事業所様は少なくありません。

工事会社はサービスであり適正価格が見えづらい。
本当に言われるがままに お願いして大丈夫?

先ず、この受変電設備の保安点検指摘事項の修繕ですが、法人化して人数を抱えている電気工事会社であれば多くが対応できる工事です(特高については専門技術が必要なので、対応できる業者も限られます)。
したがって、それまでの期間に電気工事をお願いしている工事会社がいるならば、そこに一声かけてみるというのが良いでしょう。
しかし、そのような工事会社がいなく建物を建てた建設会社に声をかけるしかないという場合は要注意。
会社によっては、専門外という事で下請け業者に流す為に、割高になるケースも。電気工事専業の会社であれば安心です。
一方で、使い勝手が良いという事で一人親方に日頃から工事をお願いしている場合も要注意です。
停電などを必要とする大掛かりな工事の場合経験が少なく、事故 リスクが 高くなる ケースもあります。

大切なことは、常日頃から良い電気工事会社を確保しておくという事。
そして、図面は常に最新版にしておきましょう。
上記を踏まえて、結論としては「良い電気工事会社をしっかりと確保しておきましょう」ということに尽きます。
良い電気工事会社のポイントは「①ある程度の従業員数を 抱えている」「②現場監督と工事職人(電工)の 双方を抱えて いる」「③工事実績が豊富である」「④地域密着で経営をしている」「⑤小さな工事でも報告書・図書がしっかりしている」等が挙げられます。
そのような工事会社は、品質と価格感の双方を兼ね備えた電気工事会社と言えます。


受変電設備の保安点検指摘事項このようなケースが多い!
受変電設備の保安点検時における指摘事項のうち、よく記載される事項を幾つかピックアップしていきます。
受変電設備は電源の心臓部ともいえます。
指摘事項を放置して大事故につながるというケースも。早々に予算を付けて修繕をすることをお勧めします。



気が付いたら大きなトラブルに発展しまうリスクがあります
指摘事項をそのままにして起きたトラブル事例
多く聞かれる保安点検事項をそのままにしていて大きなトラブルつながった事例を3つ紹介します

PAS の経年劣化トラブル
PAS設置後 20 年程度経過しており、設備帳票点検時に経年劣化と指摘されていた。
予算確保ができないという理由で、指摘事項をそのままにしていた。場内の地絡事故により PAS が遮断。復旧したいが、 PAS の故障から復旧できず。

➡復旧にあたり2日間の工場停止
部品の調達だけではなく、電力会社の工事手配が必要であるため、工事をしたくてもできなく2日間工場停止を余儀なくされた

②遮断器の絶縁不良トラブル
遮断器(VCB )は設置後かなりの年数が経過しており、台帳調査で指摘をされていた。絶縁抵抗試験・目視では指摘事項は無かったため、そのままにしていた。
VCBの端子部分の絶縁不良で地絡事故の発生。

➡復旧にあたり3日間の工場停止
型番が古く、同等品がなかったことが工場停止期間が延びた理由。
新型番の部品と、それの接合工事が必要となった

③継電器の誤動作トラブル
継電器試験時に誤動作に関する指摘がされていた。しかし、稼働上の問題・不具合は発生していなく補修・更新工事はしていなかった。経年劣化から設定電流値を超えても電力供給が止まらず、変圧器側の LBS で停止、大惨事にならなかった。

➡復旧にあたり2日間の工場停止
変圧器LBS は予備品等で対応ができたが、継電器は取り寄せが必要で2日間の工場停止を余儀なくされた。


中村電設工業では、受変電設備の保守・指摘事項の修繕、また、更新・増設・減設といった全般的な工事が対応可能です。
地域密着の機動力と監督・職人が在籍するからこそ実現する技術力・小回りの良さをもって工事対応を致します。
また、補助金を用いたトランスの更新なども対応致しますので、ご相談ください。





受変電設備指摘事項対策マニュアルプレゼント中

保安点検では何をしているの?この指摘事項は何?を解決する為の保安点検マニュアルを作成しました!
中村電設工業では、受変電設備の改修工事の実績・経験を踏まえて、保安点検対策マニュアルを作成しました。
本マニュアルでは、保安点検でどのようなことをやっているのか、指摘事項の内容は何なのか、といった疑問を解決するものをご紹介しています。


 小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら! 

2021/07/30 ~電気設備おたすけ通信vol26~
~電気設備おたすけ通信vol26~


生産性向上の為のIoT導入


生産性向上×IoT活用 検討すべき時期へ
■これからの注目ワード「生産性向上」
取組む緊急性が上がりつつある昨今、一歩目はIoTです。

5Gの一般普及が進む中、注目を集めているのがIoTデバイスを用いた見える化です。
(実際のところ、5Gの普及とは関係のなく、生産の合理性を追求する上で見える化のニーズが高まっているように感じます。)
なぜ、見える化を必要とするのか。それは、日本全国の事業所において生産性向上が一つの大きな注力テーマになっているからでしょう。とはいえ、各事業所においてその取り組みレベル感は様々。今回はその注目を集めるIoTをテーマに「電気設備おたすけ通信」を送らせていただきます。小さくても良いので“一歩”を踏み出すことが、取り組んでいく上でのポイントです。


IoTを導入したい!そんな担当者に知ってほしいこと
■実は“新しい技術”ではなく、今注目を集める技術・手法です。

IoTとは「Internet of Things」の略。機械にセンサーや運転状況を監視するデバイスを装着して、設備の稼働状況を把握していくものです。その考え方や、デバイスそのものは直近何年かで出来たものではなく、かなり昔からデバイス自体は流通していたものの、多くの事業所で導入が進められる手前段階にあったというのが実際のところです。

■IoTは万能ではない。
正しい知識と向き合い方で上手に導入することが必要

設備担当の方に最初にお伝えすることは「IoTはあくまでデータ集計であって、それをどう使うかが重要」であるという事です。
IoTに取組めば生産性が上がるのではなく、IoTによって集められたデータを元に“何かを変える”から生産性が上がるのであり、その手段と目的を認識してくださいと最初にお話ししています。たとえ、手軽に取組めるものであっても、導入コストは決して安くはありません。データ集計をすることで、改善の可能性は広がりますが、その方向性をしっかりと認知できているか、そこがIoTに取組む第一歩と言えます。

■先ずは見に行く手間・集計する手間を削減するでOK
社内にデジタル化の流れを“徐々に作る”のも大切
一方で、しっかりと考えられた仮説がなければ取り組まない方が良いのか、という訳でもありません、大きな目標が見えていても第一歩目は計器を見に行く手間を削減する・台帳管理されている運転状況帳票をデジタル化・自動化するといったところから取り組まれる事業所も多いです。
デジタルツールを活用して行う生産性向上には社内の理解が必要です。今までやったことがない領域に対して、いきなり大きな投資をすることに賛成してくれる会社はほぼありません。先ずは、デジタル化を受け入れる素地を作る為の取組みも有効な手法です。

■「小さく始めて大きく育てる」
悩みすぎるよりもスモールスタートで始めてみることがIoT活用を推進するコツ
上手に進めていくためには・・・その手法として「スモールスタート」を中村電設工業ではオススメをしています。
手軽に始められて、情報が見えるようになるというツールは幾つか存在しますので、先ずはそこから取り組んでみましょう。
データが見え始めると、あれも管理したい、これも改善をしたいという要望が出てきますが、それらは頭の片隅に置いておきながら手前の課題解決を優先し、チャレンジをしてみる。「小さく始めて大きく育てる」が、現場担当者の方に有効な手法と言えます。


スモールスタートIoTデバイス こういうものがあります!
スモールスタートのIoTからチャレンジをしてみるという流れはわかるものの、具体的にどのような手法があるのかと思われることかと存じます。手軽にスタートすることができるIoTデバイスとして以下をご紹介しています。



■お金を掛ければできることは広がりますが、

 

優先順位をつけて導入をしていくというのが今の現実的な進め方です。
IoTデバイスの設置費用、ネット環境の構築、データが集まる仕組みと、見やすく管理しやすいアウトプットフォームの作成。
「データを集めて見るだけ」といってもこれだけ多くの手間と開発が必要となる部分があります。その中で、上記はパッケージとして
確立されているものです。自社の事業と完璧に合致することは難しいものの、第一弾としては有効な情報を提供してくれます。


お客様からよくご相談を頂く工事内容をご紹介
私達は、電気工事のプロフェッショナル集団として工事にあたっています。補修・メンテナンス工事や、設備更新に伴う電源増強工事、受変電設備・幹線の更新工事などが得意とする工事領域です。同時に、以下のテーマはお客様の課題を解決するような提案で、ご紹介をすると多くのお客様からご相談をいただきます。皆様の事業所でも同様の課題があるようでしたら、是非、お声がけください。今までの実績と共に解決策を提案させていただきます。




 小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら! 

2021/06/29 ~電気設備おたすけ通信vol25~
~電気設備おたすけ通信vol25~


自家消費型太陽光発電
企業の脱炭素化へ待ったなし



2050年カーボンニュートラル その中身とは?
ついに動き出した本格的な脱炭素化対策。企業が取り組むべき、環境経営の方法とは?

2020年 10 月の菅首相の所信表明 演説にて、地球温暖化への対応を、経済成長の制約やコストとする時代 は終わり 、国際的にも、成長の機会と捉える時代に突入しています。
従来の発想を転換し、積極的に対策を行うことが、産業構造や社会経済の変革 をもたらし 、次なる大きな成長に繋がっていきます 。
こうした「経済と環境の好循環」を作っていく産業政策を「グリーン成長戦略」として 、国を挙げて「脱炭素化」へ進めていく時代になりました。
エネルギー分野では、特に「再エネ」の活用を推し進める計画があり、自家消費型太陽光発電のような電気の自給自足を国全体で進めようとしています。


自家消費型太陽光とは?
自家消費型太陽光発電とは、建物の屋根や、敷地内に太陽光発電設備を設置し、創った電気を自社で消費する方法です。
「電気の自給自足」となることから、使用電力量を抑えられるとともに、再生可能エネルギーを使用するため、CO2 削減等様々な付加価値を出すことが出来ます。


自家消費型太陽光発電には、電気代削減の他、多くのメリットがございます。補助金や優遇税制などの制度も存在します。



削減イメージと支援制度
自家消費型太陽光発電では、設置場所・電力使用量に応じて、最適な容量を設計します。発電した電気=自家消費分=電気代削減量とした際の削減イメージと、自家消費型太陽光発電で活用できる支援制度をまとめました。



具体的な導入までの流れと必要な資料
自家消費型太陽光発電を導入する場合、まずは現在電力使用量等を確認させていただくことになります。電気料金明細や、30分毎のデマンドデータ、そして設置予定場所の屋根図面などが必要になります。







自家消費型太陽光発電のよくある質問
自家消費型太陽光発電の設置を検討されるお客様からいただく質問をまとめました。
設置をご検討されている企業様はぜひ参考ください!

Q.使い切れなかった(発電して余った)電気はどうなる?
A.方法は3つあります。
①電気を余らせないように太陽光パネルの容量を少なくする。
②余った分は電力会社に売る(余剰売電型)諸条件あり。
③余った分を蓄電池に貯めて、夜間に使う。

Q.工事の際には停電しますか?
A.はい。キュービクル、分電盤を工事するため、感電防止のために 、数時間程度停電が必要となります。
まずは既存の受変電設備を確認させていただいた上 、工事日についてはご相談させて いただきます。

Q.どんな屋根が良いのですか?
A.基本的に以下の屋根であれば、検討できますが、事前に現地調査等の上、
設置可能か最終判断をさせていただきます。(追加工事が必要になることも有り)


Q.屋根へはどの程度重量が掛かりますか?
A.「約 13kg 」とお考え下さい。太陽光パネルは 1 枚当たり( 1.6 ㎡ )約 19kg です。
また、止め金具が 、 パネル 1 枚当たり約 2.4kg です。
つまり、19kg 2.4kg 21.4kg が 1 枚当たり 重量になります。
これを平米当たりに換算すれば、21.4kg÷ 1.6 ㎡= 13.3kg/ ㎡ となります 。

Q.保証などはありますか?
A.太陽光パネルやパワーコンディショナーには「メーカー保証」がございます。
メーカーにより、10 年~ 15 年の保証がついており、基本的な故障については、メーカー保証の範囲で対応することが可能です。
その他、弊社でも定期点検の対応を承っておりますので、ご安心して導入いただけるようなご提案をさせていただきます。


 

 

 小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら! 

2021/06/03 ~電気設備おたすけ通信vol24~
~電気設備おたすけ通信vol24~


電気設備の暑熱対策

夏は暑さ特有のトラブルが起きる時期です
電気設備は気温を気にしなくても良いと思っていませんか?
少し心がけるだけで、中長期的なコストには大きく影響も。
電気を扱っているものであるから高温になることは致し方ないこと、という考え方は正しくもあり誤って
もいます。確かに発熱をするものではありますが、その熱を上手に逃がさなければ劣化へとつながり、
設備寿命を短くする要因へと変わります。
今回の号では、暑さに起因する電気設備のトラブルについて取り上げていきたいと思います。
暑さが直接的・短期的に影響して機器の故障・トラブルにつながるという事は経験をすることは
限りなく少ないですが、対策を取っているかいないかでは大きな差につながります。
現状の設備運用状況を確認し、必要とあれば暑さ対策も検討をしてみることをお勧めします。


電気設備の劣化要因を解説。“熱”は寿命に影響します。

電気設備の劣化要因を分けると大きく5つの要因に分けることができます。
電気設備の劣化要因としては、以下の5つの形態があるとされています。
それぞれの要因が、様々に作用をしながら、設備劣化を進めていくこととなります。
各設備に寿命は設定されていますが、可能な限り劣化要因は取り除くことが求められます。



もうすぐ夏到来。今、 気を付けたいのは熱による劣化を抑える準備ができているかどうかです。



アルミ電解コンデンサは10℃2 倍則が 成立。
つまり、暑さ対策をしなければ寿命が1/2になるという事。



暑さ・熱気対策が求められる電気設備をピックアップ
これから到来 する夏に向けて、検討 いただきたい「暑さ 対策をした い 電気設備」をご紹介します。
“今すぐトラブルにつながる”というようなものではありませんが、早い段階から取り組むことで、
設備寿命延命化・想定外のトラブルの予防につながるとい う メリットがあります。







コツコツしっかりと。暑さ対策の仕方を解説します。
暑さ・熱の対策は緊急度の上がりにくいテーマと言えます。
ただ、中長期的な視点に立てば、予期せぬトラブルの予防や設備寿命を延ばすという点において、
有効な手法と言えます。当社でご提案している暑さ・熱対策についてご紹介いたします。







 小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら! 

2021/06/03 ~電気設備おたすけ通信vol23~
~電気設備おたすけ通信vol23~


設備更新時検討したい補助金活用
脱炭素・省エネルギーという国策を自社の生産性向上に活用しよう


中村電設工業は補助金を用いてお客様に最大のメリットをお届けできるよう提案を考えております。

設備更新系の補助金は過去より多数ありますが、今回のコロナ禍で改めて補助金の活用を検討される方々が多くなったと感じています。
補助金は有効ではありますが、調べて理解するだけでも手間であり、活用できる補助金網羅するだけでも
一苦労です。
その中で中村電設工業は、お客様の設備更新に合わせて補助金活用が可能であるかの検討、
活用可能であれば提案から実際の申請サポートまでを一貫して行っております。
本号では、今年注目を頂きたい設備投資に活用できる補助金をご紹介いたします。
興味・ご関心があるものについては、当社スタッフより説明しますのでお気軽にご相談ください。

注目の設備投資補助金 経産省「先進的省エネルギー投資促進支援事業」

国内最大級の省エネ補助金である経済産業省「エネルギー使用合理化等事業者支援事業
(通称:エネ合)」は昨年度で終了し、その後継となる補助金として設定されたのが本補助金です。
大枠の考え方などは以前と変わりありませんが、補助のされ方や形式に変更がありますので
注意が必要です。国内最大級の省エネ補助金であることには変わりなく、注目したいものです。

今回の予算は325 億円。

4つのテーマで行われることとなりました。
A:先進事業
B:オーダーメイド型事業
C:指定設備導入事業
D:エネマネ事業

今回、特に注目をしたいのは「C:指定設備導入事業」となります。
指定設備は、昨年の流れより以下が指定される見込みです。
「高効率空調」「産業ヒートポンプ」「業務用給湯器」「高性能ボイラ」「変圧器」
「高効率コージェネレーション」「低炭素工業炉」「冷凍冷蔵設備」「産業用モータ」等

一定金額の補助という部分が今までの補助金との大きな違いであり、上記設備の導入を検討している事業者様においては有効な補助金であると考えられます。本情報は 5 月 20 日時点のものであり、上記各種情報は今までの発表情報をベースに弊社予想で記載の部分もございます。
また、発表され次第、メールマガジンなどでも情報発信をしてまいります。

建屋+LEDで活用可能国交省
「既存建築物省エネ化推進事業」
計画策定と設備投資で活用
環境省「脱炭素化取組推進事業」
自家消費太陽光&蓄電池
環境省「太陽光発電設備等促進事業」
埼玉県独自の補助金多数あります
CO2削減事業者支援制度

補助金の活用について知っておいていただきたいこと
補助金を活用することで、メリットのある形で設備の導入が可能となります。
しかし、その事業特性から上手に向き合わないと不採択に終わってしまったり、
自社の設備運用計画と合致せずに諦めたりということにつながります。
補助金の活用を考える上で知っておいていただきたい、ポイントをご紹介します。


今年は補助金の公募概要を動画にまとめて発信しています
補助金の存在をわかっていても、上手に情報収集する方法が見当たらない。
また、検討するにあたって公募要領を読むだけでも手間で大変、結局諦めているという方も
多くいらっしゃることかと思います。
中村電設工業では、今年より設備投資に活用可能な情報を動画にまとめて、メールマガジンで発信しています。
メルマガ登録がまだの方は、是非この機会にメールマガジン登録をいただけますと幸いです。


 小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください

前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら! 

2021/04/01 ~電気設備おたすけ通信vol22~
~電気設備おたすけ通信vol22~




2021年は補助金の動向に注目の1年に
注目を一気に集めた事業再構築補助金。
それを切り口に、その他補助金への注目が再度集まるか?
経済指標 をみる限り、コロナ禍は底打ちしたところでしょうか。
これから徐々に経済数値も上向きしていくのではと言われております。
2020年からの 1 年間で多くの方々で注目を集めたのが補助金です。
コロナ禍に起因して補正予算が設定され、換気に関する物を筆頭に様々な種類が創設されました。
そして 3 月に公募された事業再構築補助金。
誰もが補助金をうまく活用できる方法は無いかと考えたのではないかと思います。
実際、事業再構築補助金に申請されたかは別として、その他設備投資等で活用できる補助金も多々あります。
この機会に改めて注目してみるのはいかがでしょうか?

改めまして中村電設工業の対応工事領域をご紹介します
中村電設工業 では、電気工事全般を強みとした工事会社です。
新築・改修といった大掛かりな工事から、一部品の補修・ 修繕まで
幅広く対応可能です。まずは小さな工事からご相談を頂くことが大半です。
受変電設備工事
・トランス更新
・トランスオイル交換
・高圧遮断機の交換
・分電盤(ブレーカー)
 の交換、増設
・接地(アース)の改修
・熱対策(換気扇の取付
 ・交換)
・錆び対策
・高調波対策
引込工事
・PAS工事
・引き込み柱工事
・高圧ケーブル工事
・端末処理
・高圧から低圧への変更工事
・低圧引き込み工事
幹線設備工事
・幹線の交換・増設・撤去
・幹線の地中埋設工事
・幹線の架空配線工事
・ケーブルラックの設置
・分電盤の増設・移設
 ・撤去
・分電盤内のブレーカー
 増設・交換
動力設備工事
・動力設備への電源工事
・動力盤(空調・ポンプ)
 の更新
・動力盤のマグネットスイッチ
 交換
・フォークリフトの
 充電用コンセント設置
・計装盤の取付工事
・制御盤内のリレー交換
電灯設備工事
・増設・移設・減設
・LED照明への更新
・高天井照明・投光器
・駐車場照明工事
分配電盤製作
・分配電盤の設計
・分配電盤の製造
・分配電盤の施工
弱電設備工事
・電話設備工事
・ネットワーク工事
・監視・防犯設備工事
・電気時計設備工事
・放送設備工事
漏電・スイッチ故障など
トラブル・特急対応
・漏電・停電 ・
 分電盤のトラブル
・スイッチ不具合
・電源(コンセント)のトラブル
・照明 器具・ 空調機器のトラブル
・換気扇・ 誘導等
・非常用設備トラブル

お客様からご相談を頂く工事をご紹介します
こういった工事、中村さんでお願い出来る?そういった一言 からご相談を頂くことが多いです。
中村電設工業 は、職人と現場監督の双方が在籍する工事会社です。
だからこそ、規模による得手・不得手がなくスピーディに対応することが可能です。
建屋などを含むような大規模工事は出来ませんが、一人親方のようなスピード感を信頼ある工事品質・実績で施工することが可能です。新年度が始まり、予算執行がスタートする事業所様も多いかと思います。
「こういったことができる?」という簡単なご相談からで大丈夫です。お気軽にご相談ください。

■受変電設備の保安点検後の指摘事項 「保管管理の人から業者を紹介されたけど 」

高圧受変電設備の保安点検後の指摘事項補修。
紹介された 業者 では 不安 で ・・・という事でご相談を頂くケースも。
当社へのご相談の中で、毎年数件あるのが受変電設備の保安点検事項の修繕に関するご相談です。
多くの電気工事会社が対応できるように思われがちですが、受変電設備は作業上のリスクも多くある設備であるために相応の技術力が求められます。

また、受変電設備の設置後一定期間はメンテナンスの頻度は高くありませんが、どこかの部品でメンテナンスをすると、他の部品も更新時期が続き一定間隔で
補修・営繕が行われるようになります。可動部がない為に、そのままにしてしまっている事業所もありますが、トラブルが起きると甚大な被害に つながる 可能性 があります。保安点検時に指摘があった場合は、できる限り早く対応することをお勧めします。


■工場の照明工事LED 化 LED のトラブル対応 「 LED を設置したものの球切れが起きた」

まだまだ残る水銀灯・蛍光灯。機器選定が大切です。LED化したものの球切れが起きてしまったという事例も。

世間では、LED 照明に切り替わっている場所ばかりで、ほとんどが LED 化されたかと思いきや、工場エリアでは未だ旧来の水銀灯・蛍光灯を使用しているケースが多く見られます。 LED 化率は6割程度という状況かと思います。

水銀灯や蛍光灯はメーカーの製造停止が進み、市中の在庫量も減少の一途。
流通単価も上がっている傾向にあり、 LED 化の現実味が出てきています。
また、LED 化 する 際 に価格を優先して機器選定したために、故障やトラブルが発生したというケースも聞かれます。特に、高温・高湿の場所は多くのトラブル事例が聞かれますので、機器選びが重要になります。
中村電設工業 では現場状況に合わせた機器選定を得意としております。お気軽にご相談ください。

■設備増設時に伴う動力設備工事「そもそも分電盤が足りていない・・・」ケースから対応

設備に新設や改修時に伴うレイアウト変更における電源移設・増設工事は当社の得意領域です。
設備の増設・移設などにおける電源工事は良くお客様からご相談を頂く工事の一つです。電源の増設だけならば、比較的容易ですが時には分電盤・動力盤の製作も一緒に行わなければならないケースもあります。
当社では、施工だけではなく盤製作から一貫して対応することができます。
お客様状況に即した工事を提案させていただきます。

これからの時期にご紹介したい2つのご提案
■補助金申請支援
中期的に見れば、性能(省エネ性)の高い設備を導入することが正解です。補助金はそれを支援する制度です。
毎年公募されている補助金は、年度によって細目を変えながら、より現場に即した形になってきています。
特に今年は経産省の国内最大級の補助金の内容変更が行われ「より省エネ性の高い設備の導入を促すもの」になっています。
当社が行っている補助金申請支援は、中期的な視点 に立ち最良の設備投資 を実現させる為に、活用可能な補助金の選定、
更新設備の選定、申請支援、施工、完了後の報告資料の作成までを一貫して支援しています。

《本年注目したい補助金 》

・経済産業省「先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助 金」
・環境省「工場・事業場における先導的な脱炭素化 取組推進事業 」
・国交省「既存建築物省エネ化推進事業」
・その他県・市で公募される補助金


■暑熱対策支援
《今年こそは改善したい放熱 問題》
・熱源設備からの放熱が原因でとにかく暑い
・今年こそは 何かしらの対策 が求められている
・熱対策と言っても断熱材 とにかく高い
・省エネ性もあって投資効果が見えれば 良い
・お手軽に できる放熱対策 を探している

遮熱シートで 放熱・暑熱対策 ができます!
・アルミ純度 99 の厚さ約 0.2mm シート
・輻射熱 を 97% 反射 ・熱源 から出ている放熱を抑制 遮熱
上記のようなサンプルシートを熱源設備に被せるだけで実現する遮熱対策
サーモグラフィの結果を基にした簡易シミュレーションを用いれば、 定量的 な効果も見えます!

受変電設備保安点検マニュアル無料進呈中!
前回号で紹介したところ多くのお問合せ・ご相談を頂きました!
当社では、このようなマニュアルのプレゼントだけではなく、貴社の電気・設備担当者様向けの「受変電設備保安点検報告書の読み方講座」も実施しております。
目の前の対応だけではなく中長期的な視点でサポートするのが中村電設 工業 の営業方針です。

小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください
前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

youtubeチャンネルはこちら! 

2021/03/01 ~電気設備おたすけ通信vol21~
~電気設備おたすけ通信vol21~

 

受変電設備
~保安点検指摘事項の対応~


     ご挨拶     
新たな成長に向けて工事という側面からサポートします!
2020年、新型コロナウイルスの影響は多くの産業に深刻な打撃を与えることとなりました。
多くの事業所様で、社内業務体制や外部業者対応の在り方が変わられたことかと思います。
株価はバブルを彷彿とさせるような上がり方。
日本経済が、急激にコロナ前の状況に戻ろうとする弾力性を感じております。
実際に、多くの事業者様の年度終わりである3 月末に向けて、
予算執行の工事を多数いただくこととなっております。
少しでも事業所内を整備し、来期以降へつなげたいという方が多いのではないかと思います。
私達中村電設工業は、工事という立場から皆様の事業活動をサポートしてまいります。
こういったことできる?という簡単なご相談からお声がけいただけますと幸いと考えております。


実は知らない担当者も多い保安点検って何をしているのか?
受変電設備の保安点検実際にどのようなことをチェックしているのかを
実は知らないという担当者の方も多くいらっしゃいます。
保安点検では3つの試験種類、目視・台帳等の確認事項をして、
設備に機械的・電気的トラブルがないか、経年劣化が起きていないかを確認していきます。

《保安点検の実施事項一覧 一例 》

各種試験や確認を通していきながら、受変電設備の異常予兆がないかを確認していきます。
各テストがどのようなことを調べているのか、放置をしてしまうとどのような支障が起きるのかを
知っておくことが必要です。
年に一度の保安点検を終えて、指摘事項が出たならば、その将来的なリスクをしっかりと踏まえ、
対応策を講じていきましょう。


気が付いたら大きなトラブルに発展してしまう リスクがあります。
~指摘事項をそのままにして起きたトラブル事例~

受変電設備は工場の電力供給のスタート位置であり、心臓部 であると言えます。
普段問題なく動いている設備も、長年使っていれば経年劣化が進みトラブル発生へとつながります。
重要な設備であるがゆえに、予期せぬトラブルは大きな生産上大きな影響に直結します。

 
①PAS の経年劣化トラブル
PAS設置後 20 年程度経過しており、設備帳票点検時に経年劣化と指摘されていた。
予算確保ができないという理由で、指摘事項をそのままにしていた。場内の地絡事故により PAS が遮断。復旧したいが、 PAS の故障から復旧できず。
▶復旧にあたり2日間の工場停止
部品の調達だけではなく、電力会社の工事手配が必要であるため、工事をしたくてもできなく2日間工場停止を余儀なくされた



②遮断器の絶縁不良トラブル
遮断器(VCB )は設置後かなりの年数が経過しており、台帳調査で指摘をされていた。絶縁抵抗試験・目視では指摘事項は無かったため、そのままにしていた。
VCBの端子部分の絶縁不良で地絡事故の発生。
▶復旧にあたり3日間の工場停止
型番が古く、同等品がなかったことが工場停止期間が延びた理由。新型番の部品と、それの接合工事が必要となった



③継電器の誤動作トラブル
継電器試験時に誤動作に関する指摘がされていた。しかし、稼働上の問題・不具合は発生していなく補修・更新工事はしていなかった。経年劣化から設定電流値を超えても電力供給が止まらず、変圧器側の LBS で停止、大惨事にならなかった。
▶復旧にあたり2日間の工場停止
変圧器LBS は予備品等で対応ができたが、継電器は取り寄せが必要で2日間の工場停止を余儀なくされた。
 



受変電設備は経年劣化するものです。更新目安を手元に起きながら計画的な予算組みを!
上記のように、指摘事項を放置していたことで、工場稼働を数日間止めてしまうトラブルが起きてしまう事もあります。
保安点検は不調や経年劣化をチェックする重要な取り組みであり、指摘事項は重大なリスク要因と言えます。
指摘事項があった際は可能な限り早く対応することが求められます。
明確な不具合がない為に優先順位がおちてそのままにしているという事が大半です。
受変電設備内の各部品は、それぞれ一定の耐用年数があります。
それらを見込んで予算組み、適宜更新をかけていくことが、安定的な工場運営をしていく上で重要です。



   受変電設備指摘事項対策マニュアルプレゼント中   
《このような方にご覧いただきたいです 》
□指摘事項に関しては紹介された業者に任せっぱなしである
□社内で受変電設備に詳しい人がいない
□保安点検の報告書を見ても、実はあまり理解していない
□電気設備担当の新人に知識を身に着けてほしいと考えている
□指摘事項が将来的にどのようなリスクにつながるか知りたい

《受変電設備指摘事項対策マニュアルの目次をご紹介 》
・保安点検時に行う5つのチェック方法
・指摘事項は7種類把握すれば大丈夫
・保全が遅れたことで起きた3つのトラブル事例
・電気工事会社が伝える上手な受変電設備保全
・中村電設工業のサポート体制

 

 

本マニュアルに関してはご希望者様皆様に無料プレゼントしています。
特に、保安点検で指摘事項を受けた事業者様は是非ご活用ください!



  大手メーカー 製 ウイルス 抑制 ・除菌用紫外線装置  
光を用いてウイルス 抑制 ・除菌用を実現させる
今の時代に合致した照明器具のお問い合わせが増えています!
(東芝ライテックからの販売で安心いただけます)

 


昨今、衛生に関する注目が改まって高まっています。
その中で、ウイルス抑制に関する製品は「シート」「コーティング」「スプレー」など様々な製品で世に広まっています。

最近、 私達 にご 相談 いただくことが増えたのが 右図 のような 「ウイルス 抑制 ・除菌用紫外線装置」です。
人や動物の皮膚や目にやさしい光源でありながら、
紫外線本来のウイルス抑制・除菌能力保持した新しい紫外線
光源を採用しています。
従来の殺菌ランプでは実現できなかった有人環境での照射が可
能となったことで、様々な場面・機会で使用することができます。

当社では設置に関する紫外線装置の調達から電源・配線・設置工事までを一貫で対応致します。

当社ではクリニック等で既に施工実績があります。
除菌関連商材は目に見えるような成果は得づらいですが、周辺環境を変えることなく安心感を得ることができたというお声を頂いています。


小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください
前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 

2021/02/01 ~電気設備おたすけ通信vol20~
~電気設備おたすけ通信vol.20~

今から取組む設備投資補助金活用

       ご挨拶       

~3月にオンラインセミナー開催!テーマは IoT~

昨年の下半期から定期開催をしているオンラインセミナー。
第一回目は省エネ補助金、第二回目はBCP 対策をテーマとして実施。
双方ともに真剣に検討されている事業省様にご参加いただきました。

さて、3月は工場のIoT 化をテーマとしたセミナーを開催!

■IoTという言葉は聞くし、概念はわかっているけど何から取り組むべき?
■IoTに取組んでどんなメリットがあるの?
■やってみたい気持ちはあるが、理解得られそうにない
そのような方々にお聞きいただきたい内容です。
是非お申し込みください!



省エネ補助金の獲得に向けて行うべき準備とは?
設備投資をご検討される際、補助金の活用可能性を考える事業所様も多いことかと思います。
果たして、申請をしても採択されるのだろうか?
補助金の申請準備はどうやって進めればよいのだろうか?
そのように考えて、結局補助金を活用せず設備更新を実施するという事が大半、というのが実情です。
補助金の活用に向けてどのように進めていけばよいのか、お伝えさせていただきます。

正直、直前準備は難しいです。
半年前からの準備がベスト、遅くても年初には行動を!
国の予算策定は前年中に概算要求がされ、各種細目が詰められ年度末を迎えます。
更に、新年度が始まってから執行団体が決まり・・・と進み、公募要領が決まるのは申請時期の約1か月前(直前の場合もあります)というのが実情です。

したがって、ある程度目論見で準備を進めていき、公募要領が発表されてから微修正で申請をするというスケジュールが理想的です。

また、採択後の施工が求められるため、設備導入は早くても9 月以降。自社決算や社内都合からそれが間に合わなく、補助金申請を諦めるというケースも聞かれます。

過去採択情報をしっかり調査!
採択される見込みがあるかないかはいつでも確認できます!
折角、長い時間をかけて準備をしても採択されなければ、元も子もありません。どんなに採択される確率が高い補助金でも、不採択で終わってしまうリスクもあります。

補助金採択のポイントは、何よりも設備選定で決まります。
その設備を更新することによって得られる省エネ量・率・費用対効果の3点が補助金採択の大きなポイントなります。そして、それらの実績情報などは、ホームページなどで公開されています。

補助金申請をする際は、事前情報としてそれらを確認しておき、自社の投資が補助金採択の見込みがあるかを確認しましょう。

補助金活用の設備投資は“全社レベル”の取組み
協力業者選びのポイントは「申請助勢+施工+社内巻込み助勢」
私達も多くの事業者様の設備投資の様子を見ていますが、補助金を活用するというのは全社的な大きな判断を必要とします。また、推進される担当者様が、補助金活用が初めての場合はなおさら。(やった方が良いと言われるが理解が得れないケース等)
そのような視点から、協力業者の活用は是非前向きに検討してください。
初めてのことをしっかりと踏み出すサポート&社内理解を得る為のサポートまでできる協力会社と一緒に進めることをお勧めします。


  2021年度における設備投資に関する注目補助金予想!  

 

現在、国が審議を進めている来年度の省エネ補助金についてご紹介します!

 

概算要求が終わった段階で未確定の部分がありますが、申請希望の場合はアクションを!

 

年が明けて1か月が経過しました。4月から始まる新年度、5月以降に始める補助金公募期間。

 

設備投資を検討されている事業所様では、補助金の活用有無は投資対効果を見ていく上で大きなポイントになります。

 

補助金活用をご検討されており、まだ準備が出来ていない方は、早々に一歩を踏み出しましょう。
ご不明点などは弊社スタッフに聞いていただければと思います。スケジュール感と共に今後の実施事項をお伝えします。


国内最大級の設備 導入補助金 経産省「先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金」

毎年「エネ合」と呼ばれている国内最大級の省エネ補助金です。今年は名称が変わり、概算要求されています。
毎年であれば、「事業場全体で多くの補助を得られる事業所単位」と「設備のみに補助が得られる設備単位」の
2種類が公募されます。以下の設備の更新予定がある事業所様では、「設備単位」の方で補助金の活用可能性があります。

 


 


  概要  

《補助対象設備 》 高効率空調・産業用ヒートポンプ・業務用給湯器・高性能ボイラ

 

高効率コージェネレーション・低炭素工業炉・変圧器・冷凍冷蔵庫・産業用モーター(前年実績)

 

《補助率 》 中小企業 1/ 3(前年実績) 製造業における中小企業:資本金 3 億円未満 従業員数 300 名未満
《概算要求額 》 325 億円(前年 459.5 億円の内数) 上記以外の公募方式を含む

      環境省・国交省「既存建築物省エネ化推進事業」      

 

対象は事務所・オフィス棟(工場・倉庫などは含まれない)となりますが、改修前後で30%以上の省エネ率が認められる事業に対して補助されるものとなっております。

 

建屋に合わせ一次エネルギーの効率化設備も補助対象となります。
   概要   
《補助対象設備 》 ・省エネ改修(空調・給湯設備を含む)
《補助率 》 設備費+工事費 の1/3
《概算要求額 》 60 億円の内数(前年 54 億円の内数)

環境省「工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業」
昨年まで行われていた「CO 2削減ポテンシャル診断事業」の後継と思われる補助事業です。新設である為、概要は見えませんが、従来の形では、診断結果の設備導入に関し
て補助が出る制度でした。
   概要   
《補助対象設備 》 ①脱炭素に向けた削減計画の策定支援
②その設備に対する導入補助
新設の為予想
《補助率 》 不明
《概算要求額 》 40 億円(前年実績なし)

      補助金レポートを無料進呈しています!      

補助金をうまく活用する為には、補助金の採択状況から傾向を読み取る事が重要

 


  レポート内容  
・2020 年の設備導入系補助金概要と採択結果
主要補助金の募集要項解説&採択のポイント
・申請前後の業務フロー
いつから準備すべきか?いつ施工できるのか?
・イニシャルコストゼロの補助金活用について解説!
良いパートナーと組んで確実な補助金採択を!

 

お気軽へご相談ください!
前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 


2021/01/07 ~電気設備おたすけ通信vol19~
~電気設備おたすけ通信vol19~



年度末工事私達中村電設工業にお任せください



     ご 挨 拶     
~皆様の“良き設備保全パートナー”として。本年もより多くの情報を皆様にお届けいたします!~

皆さま、明けましておめでとうございます。
約1年前から始まった新型コロナウイルスの影響は、昨年末から第三波として拡大。
今も尚、予断を許さない状況です。そのような状況で迎えた年末年始。毎年とは異なる年越しを過ごされたのではないでしょうか。
さて、中村電設工業は一昨年よりニュースレターとメールマガジンを発行し始めました。
双方ともにリニューアルを経て現在に至ります。今まで、お客様の「良き設備保全パートナー」としての在り方を模索してまいりました。我々の情報は皆様のお役に立ちましたでしょうか?
2020年は外部の人との接点が極端に減った1年間でした。先行き不透明に対する懸念から、多くの事業所様で想定外の対応を余儀なくされたと伺います。
しかし、これからはそれが当たり前となり、その中で「次の一歩」を模索することが必要です。
その際の情報収集源の1つとして中村電設工業を活用いただけますと幸いです。
2021年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


     会社紹介     
~今回は中村電設工業の得意工事領域をご紹介します~

改めましてですが、当社中村電設工業のご紹介をさせていただきます。
当社は昭和39年に創業した会社であり、創業以来電気工事専業として事業を営んでまいりました。
昭和45年に法人化し、現在では従業員数42名になりました。

当社の工事における特徴を3つご紹介します。
◆1 小回りが利きながら機動力がある
当社は職人と監督の双方が在籍する会社です。従いまして、小工事であれば社内での対応も可能であり、小回りが利く一方で、大型工事も可能。双方を兼ね備えている会社です。

◆2 高圧から家庭の工事まで幅広く対応
大手製造工場の高圧工事から一般家庭の小工事(住まいのおたすけ隊にも注力)しており、幅広い守備範囲が特徴です。

◆3 省エネ・太陽光・IoT化!付加価値を心がけた提案にも注力!
当社が心がけているのが付加価値の工事提案です。昨今のコロナ禍で情報収集も難しくなっています。
気軽な相談相手としてご活用いただけますと幸いです。


     弊社の工事実績     
~このような工事を得意としています!近しいものがあればぜひご相談を!~

 

◆補助金を活用して老朽化したトランスをトップランナーに更新

エネルギー使用合理化等事業者支援補助金「設備単位」を活用してトップランナーに更新しました。
トップランナー基準のトランスは、他型番と比べて高価ではありますが、年間の電気代は相応に削減できるため、中長期で見ればお得であるという結果になります。
トップランナー基準のトランスを導入する為の助成制度、来年の概算要求には含まれていましたので、来年のトランス更新計画がある事業所様はご相談ください!


◆「照明が消えた…」漏電トラブルの原因は出来るだけ早く突き止めを!

工場の更衣室の照明が消えてしまったというご相談でした。
たまたま更衣室だったので製造には影響なかったそうですが、原因が特定できずにいたという事例です。
調査の結果、ブレーカーが原因であると特定できました。
電気設備が故障することは稀ですが、大きなトラブルにつながることもあります。
トラブルを感知した時は放置せずに、原因追求・早期復旧をすることが望しいです。

◆水蒸気が原因で小火に…最適LED選定~施工事例
他社製のLEDを用いて照明更新実施。食品工場特有の水蒸気が起因しLEDからの発火、小火騒ぎになってしまいました。周辺状況の配慮を無視したLED選定がこのトラブルの原因です。
現場の状況を確認し、多湿環境でも使用できる防水・高温仕様のLEDを提案しました。
総菜を製造する過程において、今回のトラブルを起こしたLED以外にも水蒸気にさらされているものが一定数あり、それらも一緒に更新をすることとなりました。
LEDは機器選定が重要です。このメーカーなら大丈夫ではなく仕様はしっかりと確認しましょう!

◆生産ライン移設に伴う動力設備工事のご提案と施工対応
製造品種や数量の変更に伴い、工場レイアウトを調整をすることとなりました。今後の事業展開を踏まえた大規模なレイアウト変更です。必要電力の計算から必要工事の提案・施工のご依頼となりました。
今回の工事で大きな課題となったのが既存の系統図が現状と合致していなかったという事です。初めに、同社の系統図を見直し、記載されていなかった部分は加筆をしたうえで現状把握に努めました。

◆防犯カメラを設置し製造品質向上+作業標準化による生産性の向上へ
電気製品を製造されている工場様で、製造品の品質向上と不良品の発生原因を明確にするため生産工程に防犯カメラを設置されたいというご要望でした。
生産工程をきちんと監視できるようカメラの台数や設置場所を立案するところからスタートしました。お客様のご要望と費用面を両立させる為の設置場所・台数選定をご提案し、導入に至りました。

◆真空遮断器故障への復旧工事

電気主任技術者より設備更新をするよう指摘を受け、その後に当社にご依頼いただきました。
古い設備でしたが同型番の製造が続いており、早い段階で部品の調達ができたため、
早期に工事対応ができました。
事前の段取りもしっかりとしていたため、受電設備の停止時間は最短で済ますことができました。

◆熱源設備への省エネ遮熱施工も対応

冬場になると熱源設備からの放熱によるエネルギーロスが大きくなります。
また、同様の流れで夏場は暑くて仕方ない状況に。
当社では遮熱シートを用いた放熱対策をご提案しています。写真のようなシートを施工するだけなので、手軽&安価でスグに効果が期待できることから多くのお客様にご採用いただいています。


当社で対応できる工事をご紹介します 


◆受変電設備工事
・トランス更新 ・トランスオイル交換
・高圧遮断機の交換
・分電盤(ブレーカー)の交換・増設
・接地(アース)の改修
・熱対策(換気扇の取付・交換)
・錆び対策  ・高調波対策

◆幹線設備工事
・幹線の交換・増設・撤去
・幹線の地中埋設工事
・幹線の架空配線工事
・ケーブルラックの設置
・分電盤の増設・移設・撤去
・分電盤内のブレーカー増設・交換
◆電灯設備工事
・増設・移設・減設
・LED照明への更新
・高天井照明・投光器
・駐車場照明工事

◆弱電設備工事
・電話設備工事
・ネットワーク工事
・監視・防犯設備工事
・電気時計設備工事
・放送設備工事

◆引込工事
・PAS工事
・引き込み柱工事
・高圧ケーブル工事
・端末処理
・高圧から低圧への変更工事
・低圧引き込み工事

◆動力設備工事
・動力設備への電源工事
・動力盤(空調・ポンプ)の更新
・動力盤のマグネットスイッチ交換
・フォークリフトの充電用コンセント設置
・計装盤の更新工事
・制御盤内のリレー交換
◆分配電盤製作
・分配電盤の設計
・分配電盤の製造
・分配電盤の施工

◆漏電・スイッチ故障などトラブル・特急対応
・漏電・停電  ・分電盤のトラブル
・スイッチ不具合
・電源(コンセント)の トラブル
・照明器具・空調機器のトラブル
・換気扇・誘導等・非常用設備トラブル



お気軽へご相談ください!
前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 


 

2020/12/02 ~電気設備おたすけ通信vol18~
~電気設備おたすけ通信vol18~


 

電気工事会社ならではの照明LED化のポイント

・予想より早く球切れ!?実は起きているLEDトラブル

・出来るだけ安価に抑えるLED更新のポイント

・冬直前特集記事 これから注目!冬の寒さ対策!お手軽に暖かく!


LED更新といっても様々な種類があります
「大手メーカーだから安心」ではなない!状況に合わせて適切なLEDの選択を
世間ではLEDが当たり前になりつつあります。製造工場の方々におけるLED化率は
6割程度というのが私達の肌感覚です。
また、初期のころに導入された方々の更新の時期というのも聞くようになりました。
今回は改めてLEDの選定上のポイントについてご紹介します。

    通常環境    
当社取扱いメーカー:パナソニック、東芝、三菱、岩崎電気

劣化要因がない場所では、LED照明の選択肢は広がります。明るさや色味といった機能面での選定や、製造メーカーでの選び方など様々です。
価格を優先してLEDを選定される事業者様が多いように感じますが、導入前には一度明るさを体験されることをお勧めしています。

    過酷環境    
一方で、劣化要因がある環境でのLED設置には注意が必要です。その状況を踏まえずに設置した為に、耐用年数を迎える前に球が切れてしまったというお声を多数いただきます。また、周辺環境が要因となり、LEDに変えることができないという事業所様も見られます。現在では、各環境ごとに耐久度を上げているLEDも販売されていますので、それらをうまく活用することでLED化に取組めますので、今一度ご検討いただくことをお勧めします。

  配慮が求められる過酷環境一覧  


ご要望に応じて数多くのメーカーの中から最適な製品をご提案します。
水銀灯・蛍光灯と同じ“照明”ですが製品そのものが違います。
水銀灯以上に配慮が必要な場合もあることを頭に入れて導入検討を!


   導入事例   
●実際にどのように進めていくのかを解説します●防爆対応LED導入に向けて
照度計算&適切な照明配置を実現させたうえでのLED化を実施したいというご要望

ご依頼経緯
・防爆エリアにおいて、点灯しない器具をLED器具に更新してほしい。
・照明が耐用年数を過ぎ、照度が足らなくなってきているので、新しい器具への更新をお願いしたい。

当社ご提案

防爆仕様のLED照明の導入を実施しました。照度が足りないという事でしたので、事前に照度調査を行い、LEDの配置場所を決めていきながら導入へと進めました。
防爆仕様なので高価になってしまいますが、水銀灯よりも既存照明よりも長寿命であることから、安心してご利用いただけるものと考えています。

施工を終えて
最初に現場確認をしたところ、確かに照度が低く、暗いというイメージがありました。
LEDは照明そのものは明るいですが、光の拡散性が乏しいという特性もありますので、照度計算をしっかりとしなければなりません。今回は、照明器具の増設が必要となり、その部分まで一貫で対応しました。


結局どうすれば安価に工事ができるの、LED照明?
大規模工事になりがちのLED更新。大規模投資になってしまうのは致し方なし…でも!
「照明の更新となればLED照明」という考え方が大半です。照明器具は生産に直接影響はしません。それ故に、更新費用に対する投資の考え方も様々です。どのようにすれば、更新費用を少しでも安価に抑えることができるのか。今回は3つの視点からそのポイントをお伝えします。

①少ない更新より大量更新(器具の一括発注)
最初にお伝えしたいのは、更新をするならば大量に
一斉に更新を行う事が理想です。
LEDの更新費用の中で最も影響を受けるのが器具費用です。器具費用は発注ボリュームによってディスカウントがされるため、多くの数量を一括で発注する方が1灯当たりの単価は安くなります。

②毎週土日作業より連続日での作業
次のポイントは作業日の段取りです。
実際に私達にご相談を頂く際は「土日作業でお願いします」という事が多いのですが、土日作業となると毎回の養生・撤去作業などの手間が増えることに併せて、作業員の工賃も高くなってしまいます。
作業の効率化をするためにも連続する日程で完結するよう、現場の段取りを調整いただくと良いお見積りがご提示できます。

③工事の時期が空くと予想外のコスト発生も…
最後に留意いただきたいのが「今期はこの部分、来期はこの部分」という流れで工事を進めていった中で、最初に設置したLEDの型番が廃盤になってしまうというリスクです。時には照度計算のやり直しや、予想外の付帯工事が必要になったケースもあります。


“目安として“一斉更新と個別更新の差
以前に同じ条件で工事発注を分けた場合と、一気に行った場合でどの程度の費用差が発生するかを検証したところ、約1000万円の工事で3割ほどのコスト差が発生しました。
(一斉更新1000万円、5期に分けての更新1300万円)今後の照明投資のご参考にしてください。


これから注目!冬の寒さ対策!お手軽に暖かく!
お手軽に寒さを対策してみませんか?工場とオフィスの2種類の寒さ対策をご提案します!


冬の寒さ、我慢をしていらっしゃることが多いのではないでしょうか。
今回はそのような事業者様へ「お手軽に取り組める寒さ対策手法」をご紹介します。
オフィス・事務所向けに空気の温度ムラをなくす特殊なファン。工場の熱源設備向けに熱漏れを抑える遮熱シートの2つをご紹介します。
いずれも当社で取り扱いしてるものですのでお気軽にご相談ください。


オフィス・事務所における熱ムラをなくし体感温度向上対策
今年こそは改善したい寒さ問題
いくつ当てはまりますか、、、?

◆足もとが特に冷えてしまい、ヒーター頼り
◆顔付近は温かく、頭がボーっとする
◆設定温度を高くしても寒い…
◆空調付近の人は暑くなりすぎてしまう
◆空調を丁度良い効き具合にするのが難しい・・・
この特殊ファンで温度ムラ対策ができます!

・縦方向の対流を作る特殊ファン
・天井付近と足元の空気を循環させる
・温度差をなくすことで体感温度向上



  このような事がわかりました  
■天井付近と足元付近では10度近い温度差
■空調の設定温度を高めても天井付近が温まるだけであった
■対流ファンを動かすと、天井付近温度が下がり、 足元付近温度が上がる。温度差がほぼ解消された。
■空調の設定温度を緩和しても、結果として足元付近の温度は高まった

つまり・・・ 温度ムラを解消すれば快適&省エネが実現しました!


製造工程における熱源設備への放熱対策
今年こそは改善したい放熱問題
いくつ当てはまりますか、、、?

◆冬場の熱源設備からの放熱が気になる
◆熱漏れが大きくなるのでエネルギーコストが…
◆熱源の温度調整ができなく生産性に影響が…
◆放熱対策というと断熱材・塗装…大規模で高い
お手軽にできる放熱対策を探している
この遮熱シートで放熱対策ができます!

・アルミ純度99%の厚さ約0.2mmシート
・輻射熱を97%反射
・熱源から出ている放熱を抑制(遮熱)
・熱源設備周辺温度の上昇を抑える
・設備の生産性向上にも寄与する




小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください
前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 


 

2020/11/04 ~電気設備おたすけ通信vol17~
~電気設備おたすけ通信vol17~

変圧器 トランストップランナー更新で省エネ!~ 

試算検証してみました!
トップランナー変圧器は本当におトク?

過去データをまとめて検証!
補助金最新動向 変圧器は補助金活用できる?


来年度のメンテ・更新工事のご相談はお早目に!
来年度の予算策定時期に入っている企業様へ
概算見積から来年の工事スケジュール確保までご相談ください

来年3月末決算の事業所様におかれましては、来年度更新設備などの予算計画を策定されている時期かと存じます。私どもも来年度の工事に関するご相談がだんだんと集まってきており、工事スケジュールも組まれてきています。
工事計画をお持ちの事業所様はお早めにご相談をいただけますと幸いと存じます。予算確保のための概算見積もりなどの対応も致します。
早めにご相談をいただけますと、弊社も工事体制構築ができますのでお客様のご要望に合わせて日程を組むことも可能です。


変圧器の更新をするならば「トップランナー変圧器」へと
老朽化した変圧器、そのままにしていませんか?新設備は高い省エネ性が期待できます。
「保安点検で“老朽化の指摘”を受けている」「PCB含有の変圧器を処分できていない」「前回更新してから25年以上経過している…」という工場様は意外と多くいらっしゃいます。変圧器更新には相応の費用が発生しますが、同設備は事業所全体の電気が通過する設備であり、更新によって大きな省エネ効果を得られる可能性もあります。

トップランナー方式というと“良いけど高い”というイメージ。
制度も定着してきて一般的になりつつあります。
トップランナー基準という言葉の認知が高まったのは、経産省の補助金の申請要件の一つに加えられた段階かと思われます。当時は「良いけど高い物」というイメージが先行していたのではないかと思います。変圧器に対するトップランナー方式の導入は2006年度がスタート。その後2014年に基準が見直され現基準となっています。現在では、様々なメーカーがトップランナー方式の変圧器を製造しており、省エネ性を競っている状況です。


1999年JIS品とトップランナー品の省エネ性比較
三相 50hZ 500kVA 基準負荷率40%とした場合



油入変圧器では、JIS:1999年と比較して、トップランナー変圧器に更新することで、エネルギー消費効率が49%向上します!

モールド変圧器では、JIS:1999年と比較して、トップランナー変圧器に更新することで、エネルギー消費効率が50%向上します!
※JEMA資料参考

効果試算「トップランナー変圧器」と「30年間使用している変圧器」との省エネ効果




変圧器更新検討時期は15年~25年程度。
ロス率が低いからこそ複数台統合・サイズダウンなども検討可能です。
変圧器は電力供給の肝ドコロです。トラブルにつながらないことを大前提に、確実に電気を供給する為にも適切な更新頻度で保守を行う事が求められます。また、トップランナー基準の変圧器の場合、エネルギーロスが少ない為に既存変圧器の統合やサイズダウンなどが可能となるケースもあります。
皆様が考えている以上のメリットが生み出せる可能性もありますので、是非早い段階でお声がけいただけますと幸いです。


施工事例~実際に導入する場合に活用できる補助金をご紹介~
補助金を活用して老朽化したトランスをトップランナーに更新
高性能のトランスに更新をすることで、事業所の省エネを大幅に進めることができます。
しかし、その省エネ性の高いトランスへの更新には、相応の費用が掛かるのが実情で、長期間で考えれば実利はあるものの、結局省エネ性が劣るトランスに更新をしてるという方々多いものです。
現状に対して、私達は省エネ補助金を活用しての高効率トランスへの更新をお勧めしています。

エネルギー使用合理化等事業者支援補助金「設備単位」を活用してトップランナーに更新
経済産業省が主幹している国内最大級の設備投資補助金が「エネ合」と呼ばれる補助金です。設備単位で申請ができ、設備費用の一部が補助されます。来年度予算の概算要求にも同様の項目が出ており、来年も公募が期待されます。

 


「令和3年度もこの補助金はあるのか?」
9月末の概算要求では来年予算案に本補助金が記載されています!
やらざるを得ない設備投資であるならば、トータルで見てメリットがある方法を選びたいものです。
その為に補助金の活用は有効な手法です。
今まで毎年のように出されていた補助金ですが、各省庁が提出した来年度の予算概算要求では同補助金の名称が確認されています。まだ具体的な対象設備・補助率などは明らかになっていませんが、
トランス更新を検討の事業所様は補助金の活用も検討するのはいかがでしょうか。

 

弊社取組~状況を踏まえた更新機器選定・導入方法迄一貫サポート~

構想段階からご相談ください!導入機器選定から具体的な施工まで対応。

補助金活用のご相談もお聞かせください!


当社では、変圧器の更新・導入に向けたサポートを行っております。既存設備の状況、貴社の運用方法を踏まえた複数台統合やサイズダウン、導入機器のご提案からサポートさせていただきます。

また、導入費用を抑えたいという点では、補助金の活用も有効な手法であり、その補助金活用の申請書類作成サポートもさせていただきます。
更新頻度が高くはない設備ですので、ご不明な点も多いかと思いますので、弊社にお任せいただけますと幸いです。事業所の省エネ化で変圧器の更新は有効な手段です。更新時期を迎えている方は是非ご検討ください。


変圧器・トランス これだけは要チェック!
”もしかして”のPCB含有のリスク・対応はお願いします!
埼玉県版PCB含有物の対応期限
高圧変圧器で最も思慮しなければならないのがPCB含有のリスクと言えます。比較的寿命が長い設備だからこそ、含まれているリスクがあります。また高濃度のPCBだけではなく、低濃度PCBの含有確認・処理期限も設定されています。少しでもリスクがある場合はチェックが必要です!

 

 

<<見つけたらすぐに対応が必要です>>
変圧器・トランスのトラブル事例

変圧器のトラブルは、同時に受電設備の機能不全につながります。電気が止まるということは製造ラインに大きな影響を及ぼします。そうならない為にも定期的なメンテナンスは必須です。やり方などでわからないことがありましたらお気軽にお声がけください。

白煙の発生・焦げた匂い
コイル内部におけるトラブルです。短絡発生や過負荷が原因となり、コイルが異常発熱。白煙があがったり、焦げた臭いが発生します。

異常音(低いうなり音)

設置不良や締付け不良が原因となり、変圧器から音が発生している可能性があります。


二次側へ誘導されない

コイル内の断線が原因であると考えられます。内部のチェックをする必要があります。
異常に熱い

コイル内におけるショートか過負荷が原因と考えられます。接続方法の確認をして対応します。


小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください
前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 



 

2020/10/06 ~電気設備おたすけ通信vol16~
~電気設備おたすけ通信vol16~

漏電~工場でのトラブル相談件数No.1 トラブル事例と解決策~



特急トラブル件数1位の「漏電」実際にどのようなトラブルが多いのか?
漏電トラブルなんて日頃のメンテナンスの不備だ!と思いきや…意外と多いお困り事

漏電トラブルは場合によっては大きな生産被害につながることもあります。
そのようなリスクは可能な限り抑えたいものですが、電気設備は施工後メンテナンスする機会が少なく、時間経過に合わせて徐々にトラブルがみられるようになってきます。
今回は当社に寄せられる漏電トラブルのうち、どのようなものが多いのか、その留意点をご紹介します。

漏電トラブルの原因でもっとも多いのが
照明の漏電
要因は湿気と照明老朽化による
”ブレーカー破損”
特に湿気が多い場所では照明の漏電が起こりやすいです。高湿度帯対応の照明でもパッキン部分の劣化が進み漏電することがあります。
照明単体ではなく特定エリアの照明がつかない場合は、その分電盤のブレーカーが故障している場合が考えられます。ブレーカー故障といっても、その要因は照明器具老朽化が起因した異常電流による過負荷での破損というケースが見られます。

→照明は数が多い×劣化が進むので定期的な交換を!


機械で漏電が考えられる場合は
機械本体か機械までの電気設備かの確認が
必要!!
機械周辺における漏電トラブル(要するに電気が入らなくなった)ということもよく聞かれる話です。機械本体の方に理由があるのか、そこまでの電気設備に要因があるのかによって対応が異なります。
原因把握の為に声掛けを頂き、その後に機械メーカー側の対応となる場合もあります。まずは原因把握から入ることが重要です。

→機械側の漏電は原因によって対応が変わります!


意外にトラブルが多いのがケーブルの漏電
破損、獣害によるものも聞かれます
電線ケーブルからの漏電も意外と多い事案です。電線ケーブルの被覆が剥げていたり、ネズミ等の動物に配線をかじられていたりすると漏電が起こります。また、鉄骨が落ちて荷重がかかってしまい漏電が起こるケースも多く見られます。分電盤における配線の締め付け不良や地盤沈下によっても電線ケーブルからの漏電につながります。

→普段目にしない部分がトラブルに繋がることに!



施工事例~●実際にどのように進めていくのかを解説します●~
「照明が消えた…」漏電トラブルの原因を突き止め、解決した事例
照明が消えたがブレーカーの経年劣化で漏電が検出できず原因がわからない…
ご依頼経緯
工場の更衣室の照明が消えてしまいました。たまたま更衣室だったので製造には影響ありませんでしたが、原因が特定できずにいました。トラブルが発展しないよう原因調査を依頼しました。
調査内容
1.照明器具に電気が来ているかを確認
ブレーカーの二次側に電圧測定器を設置することで電気が来ているかどうかを見ることができます。
二次側には電気が来ていないことがわかりました。
2.ブレーカーの二次側に電気が来ているかを確認
照明器具につながっている配線を外してテスターにて電圧の有無を確認したところ、ブレーカーの一次側には電気が来ているのに、二次側には電気が来ていないということが判明しました。
3.ブレーカーのトラブルであることが判明
漏電ブレーカーには感度電流というものがあり、一定の漏れ電流が流れているかをチェックし、一定を超えるとブレーカーを遮断する漏電チェッカーという計測器具があります。そのチェッカーが経年劣化により故障していたことがトラブルの原因と判断しました。

 

  <<現場担当より>>要因が1つなのですぐに解決できましたが、複数要因だと…
漏電に限らずトラブルは偶発的に発生してしまうものです。その時に大切なことの一つに、トラブルを放置しないという事です。
トラブルを放置していると、後の大きなトラブルにつながるリスクにもなりますし、補修しようにも複数要因が重なり、要因特定に多くの手間と時間を要する可能性もあります。
トラブル発生後は速やかに電気工事会社・機械メーカーに相談をして、早急に補修をしていきましょう。小さく直していくことが、事業所を長く安定して電源供給出来るポイントです。




ご紹介~11月からWEBミニセミナースタートします!~
11月WEBミニセミナーのテーマは「補助金活用」
      セミナー概要      
◆開催日時:11月10日(火) 第1回10:00~11:00 or  第二回14:00~15:00
 合計2回開催のうちご都合の良い回をお選びください
◆費用:無料
◆開催場所:オンライン(Zoom利用)
 お好きな場所で参加可能です。Zoomの使い方もお伝えします。
◆講座内容:これから取組む補助金活用
 補助金制度についての解説と、各省庁・県の補助金を解説します。
 また、9月末発表予定の各省庁予算案を元に来年の補助金予想を実施。
 今から取組むべきことと、今後のスケジュールについてご紹介をさせていただきます。




漏電発生箇所の見極め方をご紹介!
漏電ブレーカーが落ちる原因は配線の劣化や接続のゆるみ、ブレーカー自体の不具合等、さまざまな原因が考えられます。
漏電は火災等の事故につながったり、ブレーカーが落ちることで工場の稼働が停止してしまうこともあります。ブレーカーが落ちたとき、何が原因なのかを調査し適切に対処することで再発防止にもつながります。
電気工事会社が漏電を見極める方法をご紹介します。


1.設備を稼働させて、どの程度の電流が流れるのかを確認する
(ブレーカー故障かの判断を実施する)
先ず行うのが、どの程度の電流が流れるのかを確認する作業です。
行う目的はブレーカーが故障していないかの確認です。ブレーカーの定格容量未満で、ブレーカが落ちてしまう場合それはブレーカーが故障していると判断されます。

→ブレーカーにトラブルがないと
 判断できたら…


2.元となるブレーカーの場所を把握

(電気を供給されている設備を特定し漏電回路を特定する)

設備の大本となるブレーカーの所在を確認し、そこから電気が共有されている設備を特定していきます。そのあと、各設備に繋がれている回路を確認していきどの回路から漏電が発生しているのかを明確にしていきます。
その際、絶縁測定という手法を用いて、漏電回路を探していくことになります。


→漏電している回路を特定できたら…

3.最終的な原因把握に着手

(設備ごとに絶縁測定を行い、漏電配線・設備を特定する)

回路が特定された後、漏電している部分が具体的にどこなのかを特定する作業へと入っていきます。回路に接続されている設備一つ一つに対して絶縁抵抗を測定していき、漏電箇所を明確にしていきます。
漏電原因が設備なのか配線からなのかを調査し、原因を把握します。

→該当箇所の補修を行い、最後に全回路が問題なく電流が流れるかを確認して補修完了


 

 




小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください
前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 



 

2020/09/24 【20.11.10(火)WEBセミナー開催】~これから取組む補助金活用~
【20.11.10(火)WEBセミナー開催】~これから取組む補助金活用~


国内最大規模の省エネ補助金の採択結果が8月末に発表されました
毎年、公募される省エネ設備導入に関する補助金の一つに経済産業省が展開している「エネルギー使用合理化等事業者支援事業」と呼ばれるものがあります。
これは、既存設備の更新時に省エネ性能の高い機器を選び導入するにあたり、その諸費用のうち一部を国が補助するというものです。

5~6月に公募がされ、8月末に発表される本補助金。本年も8月28日に発表がありました。
その採択結果速報についてご紹介します。


経産省 エネルギー使用合理化等事業者支援事業
公募期間:2020年5月20日~6月30日
採択発表:2020年8月28日

令和2年度 設備別採択結果
令和2年度におけるエネ合設備単位の申請件数は1,346件、採択件数は1,035件、採択率は76、8%となりました。設備別で見ると、高効率空調が最も多く、全体の60%以上を占めています。昨年度から補助金制度が大きく変わった中で、申請が殺到するかと思われましたが、コロナ禍もあり申請件数は伸びなかったものと思われます。

令和2年度 事業所単位採択結果 申請件数446件 採択件数360件 採択率80.7%
令和2年度におけるエネ合工場事業所単位の申請件数は過去最も少ない446件でした。採択件数は過去3年で最も多い360件となっています。採択率は過去10年で最も高い80.7%となっていました。
事業所単位の申請は、採択条件が比較的厳しく、条件に合致した事業者のみが申請している様子がうかがえます。


中村電設工業では省エネ補助金検討の皆様へのサポートをしています
当社では、省エネ補助金の活用を検討されている皆様に対して、省エネ補助金利用に向けたサポートを展開しています。当社のサポートを経て補助金採択が実現した事業者様も多くいらっしゃいますので、ご検討の際はお気軽にご相談ください。




補助金特集の無料オンラインセミナーを開催!
補助金の動向や採択ポイントを解説!
新たな取り組みとして、当社では無料オンラインセミナーを企画しています。

当日は省エネ補助金のコンサルタントに登壇を頂き、「今から取り組む補助金活用」というテーマで講演いただきます。

皆様の会社からご参加いただけますので
お気軽にご参加ください!



      セミナー概要      
◆開催日時:11月10日(火) 第1回10:00~11:00 or  第二回14:00~15:00
 合計2回開催のうちご都合の良い回をお選びください

◆費用:無料

◆開催場所:オンライン(Zoom利用)
 お好きな場所で参加可能です。Zoomの使い方もお伝えします。

◆講座内容:これから取組む補助金活用
 補助金制度についての解説と、各省庁・県の補助金を解説します。
 また、9月末発表予定の各省庁予算案を元に来年の補助金予想を実施。
 今から取組むべきことと、今後のスケジュールについてご紹介をさせていただきます。


日本全国の製造工場を対象に省エネ提案を行う専門コンサルタント。

日本全国の省エネ技術ベンチャー3500社のネットワークを駆使し、コンサルタントという立場から、お客様に最適な省エネ提案を行っている。

年間工場診断数200以上と実績を持つ。



「お客様の業績を向上させること」を最重要テーマとし、現場の即時業績アップ支援に強みを持ち、独自の経営理論に基づくコンサルティングを行っている。

また、企業価値の高い「グレートカンパニー」を多く創造することをミッションとし、企業の本質的な「あり方」にも深く関与した支援を実施している。その現場に密着した実践的コンサルティング活動は様々な業種・業界から高い評価を得ている。





皆様のご参加、心よりお待ちしております!

 

2020/09/02 ~電気設備おたすけ通信vol15~
~電気設備おたすけ通信vol15~


 

スプリンクラー、非常灯、放送設備、LAN設備、電話、監視カメラ…etc
大手はやらない!弱電工事どこに頼む?


ご挨拶~自慢の社員がご納得いただく工事を納めます~
一人一人の”顔“が見える電気工事会社へ!●当社Youtubeチャンネルのご紹介●

当社では、お客様にご安心いただくための取組として、Youtubeチャンネルを開設し弊社スタッフや取組みの紹介を

させていただいています。

いただいています。お手すきの際で構いませんので、

是非ご覧いただけますと幸いです。
中村電設工業では工事対応・品質は大前提として、皆様の

電気工事パートナーとして相応しい企業へと成長すべく、

新たな一歩を継続して歩み続けます。

 




低圧電力で稼働する設備工事は電気工事会社が担当します!
「これってどこに頼めば良いの?」小さな設備のお困り事、そのままにしていませんか?

低圧電力で稼働する設備のトラブルは意外と多くの事業所で見られるものです。

そのような場面を目の前に「修理されないのですか?当社でも対応できます」とお伝えすると「そうなの?」という

ご返答を頂くこともあります。

実は「どこに頼めばいいかよくわからない」ということが

放置されている原因になっていることが多いようなのです。


受電から配線を通して設備を設置する。その一連の流れが電気工事屋の得意領域です
非常灯やスプリンクラーなどの防災設備、放送設備、防犯設備、インターホン、LANケーブル、電話等といった、電灯配電盤から配線を引っ張って設備を設置することを弱電工事と呼びます。
(一方で高圧電気設備の工事を強電工事といいます。)
電気工事会社は強電工事のみと思われがちですが、実は弱電工事も対応可能です。
しかし、そのことを知らず、依頼先がわからないまま、故障が放置されていることも多いのではないでしょうか。



電力容量からの設置可否、配線の通し方、
設置機器の提案から施工までを電気工事店が対応します!
弱電工事を行う際には以下の手順に沿って工事を進めていきます。

①お客様のご要望の導入設備の選定、設置方法の検討
(お客様のご要望に沿って図面を作成していきます)
②電灯配電盤から該当設備までの電力確保方法の確認
(必要に応じて電灯分電盤の設置などを行います)
③上記を最終ご提案の上、ご了承後施工対応

現状の受変電設備の容量によっては、電気容量不足になるケースも稀に見られます。そのような際の解決策も提案します。


完成後の図面納品をお忘れなく!
しっかりと図面を納めてくれる工事会社にご依頼を!
できる限り安く工事を納めたいという気持ちは重々承知ですが、最後に完成図面を納めてくれる工事会社に依頼をするようにしましょう。
(本当に図面を納めてくれない工事会社もいます・・・。)
図面は後の改修工事などで工事工数に大きく影響していきます。
小さい工事だから大丈夫ではなく、しっかりと安心の業者にご依頼を!



施工事例~●実際にどのように進めていくのかを解説します●~
防犯カメラを設置し製造品質向上+作業標準化による生産性の向上へ
製造品質向上のために防犯カメラを設置し、社員の作業標準化というメリットも
ご依頼経緯 電気製品を製造されている工場様で、製造品の品質向上と不良品の発生原因を明確にするため生産工程に防犯カメラを設置されたいというご要望でした。
当社ご提案 生産工程をきちんと監視できるようカメラの台数や設置場所を立案するところからスタートしました。お客様のご要望と費用面を両立させる為の設置場所・台数選定をご提案し、導入に至りました。
導入前 導入後 増設工事

監視カメラの設置場所と

設置台数を立案

監視カメラ7台を設置 死角場所に1台追加工事


施工を終えて
もともと製造品の品質向上のために生産工程に監視カメラを設置したいという依頼でしたが、監視カメラを設置したところ社員の作業内容にバラつきがあることがわかり、結果として作業標準化による
生産性の向上にもつながり、喜んでいただけました。こちらは副次的なメリットでしたが、監視カメラの設置工事をどこに頼めばいいかわからないという状態でご相談いただき、「初めの立案から具体的な施工を一貫して対応してくれて助かった!」というお声をいただきました。

 

  <<現場担当より>>大きな工事だけではなく小さな工事もお任せください!
監視カメラをはじめとして、設備を要する小さな電気工事について、どこに頼めば良いか分からなかったというお声を意外と多くいただきます。「電気工事会社=受変電設備を触れるもの」と思われがちですが、配線につながるものは原則電気工事会社の対応範囲です。
お客様のご要望に沿って、設置場所や台数の選定。それに合わせた配線工事や、要する電気量があるか否かの判断まで一貫して対応を致します。「これ出来ますか?」という簡単なご相談からお気軽にお声がけください!



ご紹介~11月からWEBミニセミナースタートします!~
どこからでもお気軽に参加いただける無料WEBミニセミナーを開催いたします!

中村電設工業でも、これまで会場でセミナーを実施していていましたが、
11月からWEBセミナーを開催することになりました。
ご参加いただきやすいようにテーマを絞った短時間のミニセミナーです。ご興味のある方はぜひご参加ください!
ご案内はこのニュースレターとメールマガジンにて行います。メルマガの登録がまだの方は、この際に是非ご登録ください!




こんな弱電工事電気工事会社にお任せください!
こういった弱電工事どこに頼めばよいのだろう?
頼み先を見失ってしまい、そのままにしていませんか?
工場の電気工事といえば高圧の強電工事をイメージしますが、意外と弱電工が必要になることもあります。
そんなとき、どこに依頼をすればよいのだろうと考え、新たな業者を選定したり、そのままにしていたりという場面が多々見受けられます。
以下等の工事は電気工事会社でも対応可能ですのでお気軽にご相談いただくと良いでしょう!

防災設備 LAN設備


バッテリーを内蔵している非常灯
火災報知器(空気管を含む)

 

スプリンクラーの工事


机の移動などによる
LANケーブルの

 

配線工事等
放送設備 電話


機械が増えたことに
より聞こえづらくなった等の

 

問題を解消するための工事


事務所の模様替えや
増設等で必要になる

 

電話設備機器に関する工事
テレビ 防犯設備・監視カメラ


テレビのアンテナ修理や増設、

 

配線に関する工事


防犯目的、製造工程、従業員の

 

監視目的での監視カメラの設置工事
出退管理システム インターホン

従業員の入室、退室
管理のシステムに関する工事

インターホンの修理や
増設に関する工事



小さい設備の工事・メンテナンスもお気軽へご相談ください
前回ご紹介した通り、電気工事会社は規模によって対応できる工事種類が異なります。
中村電設工業では小さな工事であっても小回りを利かせながら高い工事品質で納めます!
小規模な弱電工事から大きな電気工事まで中村電設工業にお気軽にご相談ください!

 

2020/08/03 ~電気設備おたすけ通信vol14~
~電気設備おたすけ通信vol14~


失敗しない!照明のLED化

 

せっかくLED照明に更新をしたのに…

「定格寿命まで持たない」「すぐに球切れを起こした」「小火騒ぎになった」

 

 

 

改めて注目!環境配慮型LED提案の必要性



 ご挨拶  K中長期を見据えた新たな一歩を踏み出していく時期へ~
新たなスタンダードの実現へ!足元から中長期を見据えた動きへシフト!


全国でコロナウイルスが再び蔓延してきました。以前のような自粛ムードになるかと
思いきや、3~5月の頃とは少し違う雰囲気が表れています。多くのお客様(製造工場など)に工事を納めていますが、最近では、延期していた投資案件の方向性や実施時期が明確に決まってきた事業者が多くなってきました。
足元だけではなく、先を見据えた動きに徐々にシフトしているようです。
やらなくてはならない投資は、一時的に伸ばせても実施タイミングは必ずやってきます。当社でも「with コロナ」で頑張る企業様のサポートができればと思っております。
小さなお困り事からお気軽にご相談をいただけますと幸いでございます。


 提案できるLEDの種類に注目して、安心の照明更新を! 
水銀灯・蛍光灯共に生産停止の流れ。LEDが“当たり前” になってきています。

工場の省エネの中でもLEDの導入は真っ先に取り組まれることが多く、今やLEDは“当たり前”の時代になってきました。従来工場で使われていた水銀灯や蛍光灯は、国内大手メーカーでも2019年に製造中止となり、新たに手に入れることはできなくなりました。
今ではLEDも比較的安価で手に入れることができるようになったので、ほとんどの工場様でLEDは導入済みか導入を進めている最中なのではないでしょうか。

「大手メーカーの製品だから大丈夫!」・・・というわけではないことご存じですか?

しかし。「LEDは既に一般に普及しているものだから安心して設置ができる」と思っている方は要注意です。まだ普及率が一気に上がっている家庭だからこそ、事業者の細かなニーズに応えられていない面が徐々に明らかになってきました。
例えば、高温度・低温度に極端に弱かったり、水蒸気や酸・アルカリ性等の薬品環境が起因して定格寿命の半分程度で点灯しなくなってしまうことも聞かれるようになっています。

工事会社に「どのような種類のLEDを扱っていますか?」という質問を!
複数メーカーのLEDを提案できる所に依頼するのが間違いない照明更新のポイント

まだ多くの更新ニーズが控えているLED照明。大手メーカーは良い製品を作るものの、細かい現場環境ニーズに応えられるものは少ないように感じます。一方で、どのような事業所でもLEDに不利な環境下は1か所はあるものです。
世の中にはセミカスタムでLEDを組上げていくLEDメーカーもあります。お客様の事業所状況に合わせて、様々なメーカーの製品を混合して提案できるような工事会社に照明更新を相談するのが良いでしょう。そのような工事会社は依頼することで将来の安心に対する最高のコストパフォーマンスを得られるでしょう。

 LED更新時におけるポイントは… 
事業所の現場状況に合わせた最適なLED選定が重要!
複数メーカーのLEDを扱っているかが良い提案ができるかのチェック項目です!


 施工事例  独特の過酷環境に合わせたLED器具の提案と施工事例~
思いもしなかった工場内の環境が原因でLEDから小火騒ぎが!特急対応へと…

ご依頼経緯
他社製のLEDを用いて照明更新実施。食品工場特有の水蒸気が起因しLEDからの発火、小火騒ぎになってしまいました。周辺状況の配慮を無視したLED選定がこのトラブルの原因です。

当社ご提案
現場の状況を確認し、多湿環境でも使用できる防水・高温仕様のLEDを提案しました。総菜を製造する過程において、今回のトラブルを起こしたLED以外にも水蒸気にさらされているものが一定数あり、
それらも一緒に更新をすることとなりました。

 

該当箇所のLED 小火を起こす前

新たなLEDに変更した後

《該当エリアのポイント》
・食品工場で蒸気が良く当たる部分
・設置されたのは防水仕様のLED
・おそらく、蒸気の高温がLEDに不調を与え、防水仕様であっても小火につながった可能性が高い
・蛍光灯の時は、蛍光灯自体が発熱するものなので熱に対して気にせずに済んでいた

施工を終えて
LEDが原因で大事故につながりかねない小火騒ぎとなってしまい、工場様はとても心配されていました。実は当社側からも一度環境状況を配慮した照明器具提案をさせていただいていました。
しかし、価格の部分で見送りとなり、今回トラブルにつながったLEDを採用したという経緯があります。今回の一件で、やはり良いものを選んで導入することが、後々になって満足につながると感じていただきました。
設置からしばらく経っていますが、不調の兆しもなく安心して使用いただいています。

現場担当より
リスクと金額を抑え、最大限の安心を納める最適提案に日々挑戦

大手メーカーが発売しているLEDの価格も落ちてきて、LEDは身近な設備になってきました。しかし、まだまだ世に出て時間が経っていませんので、過酷環境に耐えるものは数が少ないです。
安心は価格に置き換えにくいものですが、今回の事案のようにトラブルが起きてしまっては、元も子もありません。私達が心がけているのは最悪の事態に繋がるリスクを抑える為に、どこまで価格を抑えるかという事です。ご納得いただける価格で「安心」「安全」を納められるよう頑張っております。私達の提出するお見積りの背景にそう言った思いがあることを含みおきいただけますと幸いです。


どのような工事会社に仕事を依頼すればよいのだろうか?

 

 

 

電気工事会社の選び方ポイント解説
工事会社と一言で括っても、その会社規模により得意としている工事が変わります。

「安くて、質が良い会社」に電気工事をお願いするのが最も良い方法であると言えます。しかし、工事会社の中にはその“構造的”に得意とする工事規模が決まってきます。今、皆様の会社に来ている工事会社はどのような属性に分類されるのか、また、各分類における得意な仕事をお願いできているかという部分はチェックすることも大切です。


工事会社の規模による対応力見取り図
  大手工事会社 中堅工事会社 職人会社・一人親方
タイプ 監督主体 監督+職人 職人主体
工事対応範囲 電気工事全般 電気工事全般 職人の対応工事種に依る
対応スピード

遅い

下請業者の見積待ち等

速い

自社で見積が完結

動けば早いが

動く時間の確保が困難

工事スピード 規模感をもって工事が進む 規模感をもって工事が進む

機動力がない

一気に作業が進められない

メンテナンス

遅い

小回りが利かない

速い

遅い

人がいないから遅い

費用

高い

企業規模により高くなる

中間程度

安い

固定費が小さい為

信用力 企業として信用力 企業として信用力

個人事業主等の

場合もある

品質

高い

腕の良い協力会社確保

高い

腕の良い協力会社確保

親方の力量による
得意工事 大・中規模工事

大きい工事から

小さな工事まで

メンテナンス

修繕など


得意領域に合わせて自社工事の発注を変えるだけでもコストメリットが得られるケースも多々あります!

実は、自社が苦手な工事は普通に見積もりをしても高くなってしまうものです。したがって、自社が依頼・発注する工事に対して、その会社が得意なのかどうかはしっかりと見ておくことが必要です。どの工事会社もプロですので、良い工事を納めます。しかし、その費用については自社努力だけではなく構造的にある程度決まってくることも考えておきましょう。
ちなみに当社は上記の「中堅工事会社」の部分に属します。


各種設備への電力供給のご相談は中村電設工業へご相談ください
新設備導入やレイアウト変更、電力供給に関する不安等は当社までご相談ください。
お客様にとって最適・安心の工事を提案・施工をさせていただきます。

 

 

2020/07/06 ~電気設備おたすけ通信vol13~
~電気設備おたすけ通信vol13~

受変電設備・分電盤・動力盤 状況把握から盤製作まで一貫対応
最適!設備への電力供給方法を提案
電気工事屋の動力設備工事
設備導入時・レイアウト変更時の電気工事はお任せください!


電気工事会社が行う“動力設備工事”とはどのような工事か?
◆“動力設備”というと設備を触れるものかと思いがちですが、
私達の“動力設備工事”とは動力設備に電力を供給する一連の工事を指します。

電気工事会社の工事領域の一つに「動力設備工事」と呼ばれるものがあります。これは動力設備を触れるものではなく、動力を稼働させるために必要な電力を供給する為の工事す。
設備会社に工事依頼をされている場合は、その下請けとして工事部分を担当 している事が多いです。
皆様の事業所でも、必ず電気工事会社が「動力設備工事」という工事品目を納めていることと思います。
私達がお客様から直接的に発注をいただき工事品目を納めるのは、設備をお客様が保有していらっしゃり、それを設置する際に電源が近くにないという場合です。
そのような際は、設置予定の設備の情報、近隣の分電盤・動力盤の空き容量の確認を踏まえ、最適な電源確保の提案(動力設備工事提案)をさせていただきます。
電気工事屋にとっては得意工事の一つですので、お気軽にご相談ください。


電気工事会社の“動力設備工事”はこのような設備を扱います

受変電設備・配電盤
電力の大本となる受変電設備・配電盤。新たな設備を導入する際に、受電容量そのものが足りていない場合は、この受変電設備の容量増加の為の工事から着手する必要があります。


分電盤
事業所の各エリアに電気を分配する為の盤です。分電盤容量が不足している場合は製作します。


動力盤
動力に電力を供給する為の盤です。盤からの分配工事、盤の製作・設置を対応します。


ブレーカーマグネットスイッチ
直接設備に電気を引っ張る場合に必要となる設備です。


各動力設備
動力設備も電気を供給することが出来なければ動かすことはできません。上記の受変電設備~各盤・マグネットスイッチの状況確認・配線分配工事、盤各種製作を通して、設備に電力を供給します。
これが電気工事屋の「動力設備工事」と呼ばれる工事領域です。


実際にどのように進めていくのかを解説します
生産ライン移設に伴う動力設備工事のご提案と施工対応

◆ご依頼経緯
製造品種や数量の変更に伴い、工場レイアウトを調整をすることとなりました。今後の事業展開を踏まえた大規模なレイアウト変更です。必要電力の計算から必要工事の提案・施工のご依頼となりました。
◆当社ご提案
初めに、同社の系統図を見直し、記載されていなかった部分は加筆をしたうえで現状把握に努めました。新導入設備の使用電力量から、受電部分は触れなくても良いという事が判明。大きな工事にはならなく一安心。その上で、あらたな分電盤を設置することが必要だと判断し、盤の製作から設置、引き込みまでを提案しました。

《盤施工中》

配線をこれからまとめます

《施工中》

各配線を確認しながら施工

《完成》

収まり良くまとめました

◆施工を終えて
今回の工事では分電盤の製作からでお客様のご要望を満たすことができました。受電容量が足りないと事業場内で調整をするか受電設備の改修が必要となるため大きな工事が必要となってしまいます。
何処にどの程度の電気容量が余っているかを把握することが動力設備工事の最初の実施事項です。分電盤を設置し、実際の設備と連結して稼働するかを確認する場に立会い、完工・納品となります。
無事に電気が流れ、設備に供給されている様子を見ると施工側もホッと一安心するものです。


◆《現場担当より》皆様の事業所には系統図は最新版で置いてありますか?
事業場内のレイアウト変更は定期的に起こり得るものです。その際、スムーズに工事を進めるにあたって、私達が最も欲しい情報が系統図に記載されています。受変電設備からどのような配線系統が分かれていて、どの程度の設備が接続されているかということが記載された図面です。
紛失・破棄してしまった、古いもので現状と合致していないという事業所様も実は多くいらっしゃいます。
事業所運営の中で大切な書類ですので、しっかりと保管・更新をしておきましょう。もし、ない場合は
私達中村電設工業でも作成代行ができますのでお声がけください!


動力に電気を引込む中で起きる電気トラブルの大半はこれらが原因です
配電盤・動力盤・マグネットスイッチ
各設備におけるトラブルポイントについて当社実績よりお伝えいたします。
急に設備に電気供給がされなくなった、あるタイミングで電気供給が止まるなどといったことは、事業所運営上大きなトラブルです。そのような現象が起きたら、できるだけ早く復旧作業を行う事が求められます。
当社にもそのようなご依頼を頂くことがあり、それらの状況をまとめていくと、ある程度トラブル要因は限られていることがわかってきます。そのトラブル要因をまとめてみましたので、設備に電気が供給されなくなったという事がありましたら、以下のポイントで故障可能性箇所を確認してみましょう。


当社対応実績!電力供給ストップ時のトラブルベスト3

分電盤・動力盤
ブレーカーの損傷&ケーブルとの接触不良
ブレーカーの機械的損傷により不具合が発生。落ちてしまい、過電流や短絡(ショート)を起こしてしまい、電力供給が止まってしまうというケースが想定されます。
また、ケーブルと盤(端子台)の接触不良も実は多く見られるトラブル要因です。最初のうちはしっかりと接続されていても、工場の振動などで徐々に緩んでいってしまうというケースも見られます。


マグネットスイッチ
接点損傷による接触不良
マグネットスイッチ自体は高耐久性を保持している部品ですが、経年劣化や周辺環境により破損をする場合があります。接点の部分が損傷すると、接触不良へつ
ながり、電力供給が止まるケースがあります。高耐久性を有している設備といっても定期的な点検や部品交換は必要です。


動力コンセントの接触不良・短絡
ずっと放置をしていると劣化しトラブルへ発展
動力設備用の200V コンセントも設置状況・使用状況によってトラブルにつながる
ケースが見受けられます。例えば、劣化しコンセントの口が甘くなり接触不良を起こしたり、使わず放置をしていたら短絡を起こし分電盤側の遮断機が落ちるといっ
た場合が見受けられます。


各種設備への電力供給のご相談は中村電設工業へご相談ください
新設備導入やレイアウト変更、電力供給に関する不安等は当社までご相談ください。
お客様にとって最適・安心の工事を提案・施工をさせていただきます。

 

2020/06/23 ~電気設備おたすけ通信vol12~
~電気設備おたすけ通信vol12~

 

今年こそチャレンジ!

今からできる暑さ対策 2020年夏版 工場暑熱対策

 

大容積空間の暑さ対策は冷房よりも換気がポイント

テント倉庫やピッキングエリア、大空間の工場では夏場の暑さ対策は大きな課題です。
そのような大空間では空調設備をつけようとしても大規模投資になりますし、毎年のランニングコストも大きくかかってしまいます。
そのような時にお手軽にでき、該当エリアの温度を下げる有効な手法が求められます。

◆エリア内に空気対流を作ることで天井付近の熱気を排気し空間の温度を下げる
搬送ファンによるプッシュプル換気

換気の仕方を工夫することで、工場・エリア内の温度を落とすことができます
このファンを設置するのは天井付近です。天井付近に設置し、エリア上部で空気の流れを意図的に作っていきます。
そうすることで、天井付近にたまっている熱気を効率よく排気することができます。熱気が出ていくことで、エリアの温度を落とすことができます。
大容積空間では空調よりも換気をうまく活用することで暑熱対策をする方が効率的・効果的といえるでしょう。

《換気による暑熱対策でエリア温度が3~4℃下がる理由についてご説明します》

ポイントは熱気を効率よく排気すること!
暖かい空気は比重が軽い為、空間内を上昇していきます。
屋根から順番に熱気がたまっていき、それが作業エリアの暑さの原因にもなっていました。
この搬送ファンでは、工場・エリア内の換気の流れを意図的に作り上げ、この熱気を効率的に室外へ出していきます。
そうすることで、場内の温度を下げることができるのです。
換気を活用する方法なので、大容積であっても効率よく暑さ対策をすることができます
今まで対策が上がらなかった倉庫や大容積の工場などで活用が期待できます。
従来とは異なる考え方の暑熱対策です。

《事例紹介》金属部品製造業A社

・金属部品の成形を行っている工場
・ずらりと並べた成形機から180°Cの発熱
・夏場は場内温度40°Cという作業環境
給排気と送風の改善で、4°Cの室温低下に成功しました!


今から始める暑さ対策!簡単施工の遮熱シートに注目!

今年こそ夏の暑さ対策を行いたいという事業者様はご注目ください!
チェック項目
□夏はとにかく暑く悩まされている
□特に熱源設備周辺は暑く、熱中症も懸念される
屋根からの熱の入りも気になる
□暑さ対策というと断熱材・塗装…大規模で高い
お手軽にできる暑さ対策を探している

上記のようなお悩みを多くの事業所様が抱えているのではないでしょうか?
毎年、何かしらの対策を検討しているものの、予算もとれずなかなか前に進まない現状・・・
今年の夏こそは!とお考えの方々にご紹介したいのが今回のお伝えさせていただく遮熱シートです。


この夏注目の暑熱対策素材 遮熱シート

この特殊遮熱シートは、アルミ純度99%を使用した最大5層構造で、輻射熱を97%反射する。
厚さも0.2mm~と超薄型を実現している。
熱源へ貼り付けることで熱源から出ている放熱を抑制(遮熱)し、保温を行う。
放熱を抑制することで周辺温度の上昇を抑えることができる。
また、熱源設備などに施工すると保温効果が向上し、省エネや温度が保ちやすくなる。生産性アップにも活用ができる放熱抑制素材である。





◆省エネ&コスト削減効果を見てみたい!簡易お試しシミュレーション対応しています!

当社では、遮熱シートの効果をより多くの方に体感いただきたいという事から
簡易お試しシミュレーション」をさせていただいています。
対象は熱源設備で、遮熱シートの設置前後の放熱状況を測定し、省エネ効果を試算します。貴社社内資料として利用してもらい、具体的なコスト削減につなげていただけますと幸いです。 

 

 

補助金シーズン到来!これからに向けて知っておきたい補助金情報
新年度が始まり補助金の公募がスタートしています。
コロナ禍の影響もありましたが概ね予定通り進んでいます。

《国内最大級の省エネ補助金「エネルギー使用合理化等事業者支援事業》
国内最大級の経産省 省エネ補助金の公募がこの通称「エネ合」と呼ばれる補助金です。
昨年は200億円規模の予算が出されていましたが、本年は約122億円となりました。
補助金公募の方法は事業所単位、設備単位という従来通りですが、その細目に変更が出ています。以下概要をお伝えさせていただきます。
補助金概要 事業所単位公募 設備単位公募

□予算額 122億円

□公募期間

 令和2年5月20日~6月30日17時

□執行団体 環境協創イニシアチブ

□補助率 申請書類による

□申請要件(以下いずれかの申請)
 a)一般事業
 省エネルギー率又は原単位改善5%以上
 b)大規模事業
 省エネルギー効果原油換算500kl以上
 c)連携事業
 複数事業者間の協力で上記要件を満たす
□補助率(設計・設備・工事費)
 中小企業:1/3~1/2
 大企業  :1/4~1/3
□申請要件
既設設備を省エネ性の高い設備に更新
※以下設備種類に限る
①高効率空調 ②産業ヒートポンプ
③業務用給湯器 ④高性能ボイラ
⑤高効率コージェネレーション
⑥低炭素工業炉 ⑦変圧器
⑧冷凍冷蔵設備 ⑨産業用モータ
□補助率(設備費)
 中小企業:1/3  大企業:対象外


《環境省が提供する省エネ診断事業「令和2年度CO2削減ポテンシャル診断事業」》

専門の診断機関が受診事業所に訪問し設備の電気・燃料 等使用量の計測やデータ
解析並びに設備の運用状況等の診断するというものです。
補助金概要
□予算額 15億円(低炭素機器導入事業と合わせての予算額)  □補助率 9/10
□公募期間  令和2年5月7日~6月30日 □執行団体 低炭素エネルギー技術事業組合

◆お客様の導入設備に合わせて申請可能な補助金は変わります。
設備更新・導入予定がある方は最適補助金の提案から対応いたします!

省エネ補助金は毎年募集形式を変えながら公募が出されます。設備更新をするならば活用した方が導入コストを抑えられることは間違いありませんので、是非活用いただきたいと思います。
しかし、「どの補助金が最適なのかが見えない」「申請の仕方がわからないので困っている」などという事で活用されない事業者様も多くいらっしゃいます。当社では、補助金申請のサポートから設備導入工事までを一貫して提案させていただいています。
設備更新の計画がございましたら、お気軽にご相談ください。

◆オンライン面談スタートしています!
緊急事態宣言も明け、新たな生活様式が徐々に定着するようになってきました。
中村電設工業では営業活動の在り方も時代に合わせて柔軟に対応を取っていきたいと考えております。
その一環として、今まで通りの訪問営業だけではなく、オンラインでの面談も実施しています。テレビ電話の経験がなくても使い方の部分からご説明をしますので、ご安心ください。もちろん、訪問営業も可能ですので、タイミングと状況に合わせてご活用いただけますと幸いでございます。

◆使用アプリ:ZOOM
経験がない方でも大丈夫です。
当社の方から使用方法もお伝えいたします。


ニュースレターの内容で気になること、その他、電源工事・キュービクル工事でお困り事が
ございましたら問い合わせページまたは電話にてお問い合わせください。


TEL:048-758-5588
2020/04/27 ~電気設備おたすけ通信vol11~
 ~電気設備おたすけ通信vol11~

 

実績多数 電気工事会社が解説するから分かる!
受電設備トラブル解説


ご挨拶
皆様、改めてましてこんにちは!中村電設工業でございます。
平素は当社発行の「電気設備おたすけ通信」をご覧いただき、誠に有難うございます。
最近のニュースは新型コロナウイルスのニュースで気が滅入ってしまいそうなのが実情です。
皆様、お変わりはございませんでしょうか。
世の中が自粛ムードである一方で皆様におかれましては、この状況下であっても製造活動を
止めることなく事業を継続されていることと存じます。
私たちはそのような皆様の電気工事におけるサポーターとして、皆様の製造活動の一助に
なれれば考えております。

その取り組みの一環で、昨年よりこの「電気設備おたすけ通信」を発行してまいりましたが、
今回第11号を迎え、リニューアルスタートすることといたしました。
今までよりも情報量を多くし、皆様のお役に立てる情報誌を目指してまいります。

施工事例

●工事事例から見る受電設備メンテナンスのポイント●

 

真空遮断器故障への復旧工事から見られるトラブル要因分析
工事対象物
受電設備の真空遮断器 工事種類:更新工事
ご依頼経緯
電気主任技術者より設備更新をするよう指摘を受け、その後に当社にご依頼いただきました。
工場の稼働時間が長く、いつ工事をするかという課題がありました。
当社ご提案
現地で確認したところ、遮断器の開閉がスムーズではなく機械的な不具合も見られました。
定期修繕時期を待たず、工事時間をできるだけ短縮させる方向で施工を提案させていただきました。
施工を終えて
古い設備でしたが同型番の製造が続いており、早い段階で部品の調達ができたため、
早期に工事対応ができました。事前の段取りもしっかりとしていたため、受電設備の停止時間は
最短で済んだと思います。
工事完了後、問題なく通電するかの確認をして無事完了です。
今回は保安管理会社からの指摘事項がきっかけでしたが、よく見たところ機械的な不具合もあったため
スピード対応を心がけ提案・施工をしました。

《現場担当より》
 
更新工事といっても不具合の状況によって緊急度が変わります
電気主任技術者から経年劣化により指摘事項をもらってもそのままにしている工場様も多いのではないでしょうか。予算組を考えると時間を要したり、タイミングの良い悪いが出てくるものです。
ただ、その劣化の種類や状況、要因についてしっかりと確認ください。機械的な不具合があると万が一の時に大きな損害が出るリスクがあるなど、早急な対応が求められる場合もあります。
そのトラブルの状況・要因に合わせて緊急度を変えながら対応をしていくことが大切です。
↓↓

 

受電設備メンテのポイントとはズバリ

”不具合事項の状況・要因から優先度を決めて対処する!”

特集
電気工事会社が知る受電設備トラブル大特集!
 
簡単に故障を起こすことはないが、トラブルになれば一大事
受変電設備はそう簡単に故障するようなものではありません。
しかし、使用状況や経年劣化が原因となり、
トラブルが発生する場合もあります。電気設備の心臓部といえますので、受変電設備のトラブルは工場全体に影響を与える大きなものになってしまいます。
電気主任技術者からの指摘事項への対処に合わせて、常日頃から様子を見守っていくことが重要です。


常日頃から気を付けたいのは「リーク」・「熱」・「音」の3つ
受変電設備の異常を早く気付くために、3つの異常については、常に配慮しておきましょう。
それが「リーク」「熱」「音」です。
リークは劣化など原因で絶縁部に放電し時に火花や煙を放っている状態。
また、接続方法の不具合が起きるとトランスの異常発熱につながります。
その他設置の仕方が悪いと低い音が断続的に続く異常音の発生につながります。
予兆を見つけたら、即座に対処が求められます。

指摘事項があってもそのままにしていてトラブルへ…
受変電設備のことについては、やはり電気主任技術者が実施している点検結果を踏まえメンテナンスを
していくことが妥当であると言えます。
しかし、急に提示されても予算組みができず放置。
気が付いたらトラブルにつながっている場合もあります。
経年劣化などはできるだけ早い対応が求められますが、最低限どこに劣化個所があるかは常に
把握をしておくようにしましょう。


●受変電設備のトラブル事例大公開●

高圧交流気中負荷開閉器(PAS)
 ・カラスの巣/雷の影響/絶縁部の劣化により浸水
引き込み線
 ・サージ電流/異常温度上昇/物理的要因
断路器(DS)
 ・絶縁体の劣化による漏電
避雷器(LA)
 ・汚れや経年劣化による故障
主遮断装置(VCB)
 ・機械的な故障/絶縁度・真空度低下
変圧器
 ・絶縁油劣化/異常昇温/設置方法不具合
●受変電設備内の各部更新推奨時期と実際の平均期間(参考)●


 

あなたが今お使いの電源・キュービクルは大丈夫ですか?



ニュースレターの内容で気になること、その他、電源工事・キュービクル工事でお困り事が

ございましたら問い合わせページまたは電話にてお問い合わせください。


TEL:048-758-5588






 

2020/04/02 ~電気設備おたすけ通信vol10~
~電気設備おたすけ通信 vol10~

 

最近注目を集め始めています!
初期投資ゼロ&月々メンテ費用を抑えられる

高性能LED照明更新

~待望の照明のサブスクリプションモデル~

◆LED化しなければならないが今期の予算で組んでいない
大きな投資はできないが水銀灯・蛍光灯が手に入らない…
◆LEDに変えたいが環境が悪く設置できない


このような状況ならば照明サブスクモデルをご検討ください!
私たちはそれを“明るさ提供サービス”と呼んでいます!

初期投資“ゼロ”でできる照明のLED化の収支の仕組み
初期費用ゼロでLED化する!
②削減電気代の一部を保守費用としてお支払いいただく
③維持・管理はすべて代行します!
④球切れ時の突発的な出費なし※無償で交換します!
高温・低温他、過酷環境でも本サービス提供可能!

 

この照明サブスクモデルに向いている工場・向いていない工場
そのポイントをご説明します!

照明サブスク適合度診断

ケース①:とにかく手軽にLED化を進めたいという事業者様
◆初期投資をできるだけ落としてLED化したい
◆照明の管理に多くの工数を要しており、手間になっている

照明サブスクに取組むことで・・・
初期投資ゼロなので予算がなくても取り組める
②月々のメンテ費用はあるものの、総額では確実にコストメリットが得られる
③球が切れても連絡いただければスグに交換するので在庫発注などが不要
④確実に省エネルギー・省CO2を実現させる
⑤照度計算もして確実に今以上に明るい状況にする

蛍光灯・水銀灯が手に入りにくくなった&単価が高騰している今、
できるだけ早く取り組むことがお勧めです!

 

ケース②:過酷環境で特製のLEDが見つからない事業者様
◆高温度帯・低温度帯などの温度環境が苛酷である
◆酸性・アルカリ性等の特殊環境で最適なLEDがない

照明サブスクに取組むことで・・・
+100℃から-60℃までの温度に対応!
塩害地域における潮風による劣化に対応!
薬品・硫化ガスなどの特殊環境にも対応!
④上記のような過酷環境をセミオーダーで設計
⑤過酷環境でも照明サブスクで初期投資ゼロ&劣化交換無料対応

せっかく工事をしてもスグに故障してしまう
そのような事業所では照明サブスクをうまく活用するのもアリです!

自社でも照明サブスクが活用できるか&メリットがあるかを知りたい方
照明更新最適化診断実施中!お気軽にご相談ください!

>>お問い合わせはこちら<<


 

 

2020/03/10 ~省エネおたすけ通信 vol11~
~省エネおたすけ通信 vol11~

 

梅雨・夏場に困らないエアコンプレッサトラブル対策特集
~コンプレッサの最適な使用環境を考える!~


このようなお困りごとありませんか!?

 

 ・吸い込み口のフィルタに埃、塵、

 ごみが溜まる…
・必要な給気が足りていない…

 ・排気ダクトが接続されていなく

 て、熱がこもる…
・排気ダクトに断熱ができていない…

 

 ・夏は吸い込み温度が上がり、増エネ

 になる…
・夏は室内が45℃を越えて、機器が

 止まる…

 ・コンプレッサ室がなく、温度管理

 ができない…
・工場内にコンプレッサを設置して

 いる…

 

コンプレッサの使用環境をチェック!
今お使いのコンプレッサの使用環境は大丈夫ですか?
チェックシートで自己診断してみてください◎

設置環境 備考・理由
  ・コンプレッサ専用室を設置している ・熱源やオイルミスト・粉塵が出る装置のある現場に設置しない
  ・周囲温度は2℃以上(冬期) ・ドレン凍結により圧縮機各部に作動不良が発生する
  ・周囲温度は40℃以下(夏期) ・ベアリンググリスの劣化やピストンリングの摩耗を早め、寿命低下や破損事故の原因となる。周囲温度45℃以上で異常警報がなり、強制停止する。
 

・天井は本体から1.5m以上高い

・コンプレッサ間は1m以上の間隔がある

・導入した外気とコンプレッサから排出された高温の排気と混合される前に熱い空気を吸い込む。
 

・換気扇が高い位置にあり、室内の給気口は本体の吸い込み口側の低い位置にある

・コンプレッサ室の給気口から排気口までの空気の流れの途中にコンプレッサがある

・室内の給気口から、換気扇までの空気の流れを作り、コンプレッサ廃熱(エアドライヤ廃熱含む)を排気することができる。
  ・排気ダクトは断熱あるいは遮熱している ・排気ダクトからの放熱で室内の温度上昇を招く
  ・湿度の低い場所である ・雨水がかかったり、湿気の多い場所(湿度85%以上)では、漏電や火災事故を起こす危険がある
・空気中に含まれる水分が多いとドレンとして凝縮し機外に排出され、圧縮空気の量が減少する
  ・近くに爆発性ガス・引火性ガスがない ・圧縮の工程で爆発や引火を引き起こす原因となる
  ・近くに腐食性ガスがない ・コンプレッサの寿命低下の原因となる
  ・粉塵・ゴミ・塵・埃・オイルミストがない  ・鉄粉・研磨粉・木屑などを吸い込むと、吸い込み口フィルタの目詰まりによる性能低下や圧縮機内部の異常摩耗による破損事故の原因となる
  ・床が水平で基礎がしっかりしている ・設置が不安定な場合、異常振動や異音が発生する
  ・ダクトの一部は取り外しできる ・ダクト内の清掃、本体の移動を考慮する
  ・エアドライヤの廃熱は強制換気しない ・過冷却となり内部のドレン水の凍結の原因となる
  ・負圧にしない ・負圧になると換気扇の前後に差圧が発生し、設定通りの換気量が得られない

すべてチェック付かなかった方やコンプレッサのトラブルがある方、

お電話か下記問い合わせから当社にご連絡ください!

すぐにご対応致します!

 

>>お問い合わせはこちら<<

 

みなさまのご連絡、お待ちしております◎

 

埼玉県さいたま市岩槻区本町六丁目5番22号

中村電設工業株式会社

TEL:048-758-5588 

 

2020/03/03 ~電気設備おたすけ通信vol9~
~電気設備おたすけ通信vol9~

照明更新のお問い合わせ急増中照明LED

価格だけではない!LED 選定のポイント!
使い方・設置環境に合わせて最適なLED照明を…

当社のLED提案は、"3つのポイント"から"最適器具"を選んでいます!

昨年末より照明更新に関するお問合せが増えてきています。
今まで水銀灯や蛍光灯で運用をしていた部分のLED 化という要望に合わせて、
LED設置後時間が経過し寿命を迎え更新をしたいというニーズも出てきています。
照明器具ですので価格優先!と思いがちですが、場合とケースによっては少し高くても
長く使った方が後々良かったなどということもあります。


今回は当社のLED選定のポイントについてご紹介します!

◆ポイント1 

設置場所が苛酷環境である

◆ポイント2 

必要点灯時間が短い

◆ポイント3 

普通の場所に設置されている

・屋根付近に設置され暑い
・薬品等の影響を受ける環境

 ・倉庫等で必要点灯時間が

 限られている

・ 国内メーカー産高品質・長寿命

 LED

 過酷環境対応セミオーダー

LED照明

 人感センサー付自動On/Off

高天井 LED

 国内メーカー産

高品質・長寿命LED

 +80から 60℃ まで 対応可能。また、薬品特性に合わせたセミカスタマイズも可能な LED 照明。単価は安くないものの、場所によってはこれしかない場合もある。  高天井照明のように高い場所についていても感度を維持できる人感センサーを搭載したLED照明。倉庫などでは必要点灯率が一桁台ということもある為、そのような場では有効。  LED寿命を短くしてしまう要因が見られない場所では価格と品質を優先し照明器具を選ぶことが大切である。国内メーカー産といえど 、納得の価格で高い品質を持つものを当社は提案。

 

電気設備のトラブル対応・緊急工事
私たちがスピード対応できる工事種についてご紹介します!

◆漏電・停電
・電気が来ていない
・電気がつかない
・ブレーカーが上がらない

◆電源(コンセント)
・焦げ跡がある
・ひび割れがある
・増やしたい

◆スイッチ故障

・スイッチが付かない

・押しても戻る

・据付が甘い

◆非常器具
・非常灯の電球が壊れている
・表示板更新をしたい

 

◆照明トラブル
・つかない
・チラつき
・異音がする

◆分電・配電盤故障
・すぐ落ちる
・つかない
・電気容量を増やしたい

◆その他このようなトラブルにもお応えします
・その他工場稼働に影響する電気設備トラブル
・空調、換気設備トラブル
・予定工事の実施に当たる人手不足対応
・来期予算執行の為に今すぐ必要な見積対応

 

中村電設工業は安定の対応力を第一に

皆様の工事対応にあたらせていただいております!

事業継続をしてお客様に確実に工事を納めることを第一に、

中村電設工業ではBCP対策を行っています。

昨今、ニュースではコロナウイルスの情報ばかりになっています。そのような状況下にあっても

日本の基幹を支える製造業の皆様の操業を止めることはできません。
皆様、独自に対策を取られ事業存続をされていることかと思います。
私達も同様です。稼働をし続ける皆様をサポートする為、私達自身事業継続を行う手法を検討・実践し

できる限りの対策を取っております。
今後の工場運営で電気設備トラブル・故障に関してご不安がありましたら、一度私達にも

お声がけいただけますと幸いでございます。
事業存続を第一に、工事会社としての責任を果たします!

 

「トラブル対応について相談したい」「照明更新について話が聞きたい」など…

>>お問い合わせ はこちらから<<

 

中村電設工業株式会社


 

2020/02/26 【重要】新型コロナウイルス感染拡大に伴うセミナー開催中止のお知らせ

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴うセミナー開催中止のお知らせ

 

皆さまこんにちは。 
中村電設工業株式会社 齋藤と申します。  


平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 
中村電設工業は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、参加者および関係者の皆さまの 
健康・安全面を第一に考慮 した結果、3/4開催の省エネセミナーを中止することにいたしました。

◆中止するセミナー
名称:工場省エネ成功の秘訣大公開 省エネセミナー
日時:3月4日(水)14:00~16:30
開催場所:㈱あいおいニッセイ同和自動車研究所 埼玉センター


セミナーにお申し込みをいただいておりました皆さまに、深くお詫びを申し上げます。 
今後のセミナーなどの開催については、当社ホームページやメールマガジンにて
お知らせしてまいります。
  
何卒、ご理解とご了承賜りますようお願いいたします。
2020/02/15 ~省エネおたすけ通信 vol10~
~省エネおたすけ通信 vol10~

 

中村電設工業株式会社主催セミナー第二弾

実現させる!工場省エネ成功の秘訣大公開

推進役の仕事術×最先端省エネ事例

 

◆開催概要

開催日時:2020年3月4日(水)14:00~16:30(13:30開場)

開催場所:㈱あいおいニッセイ同和自動車研究所 埼玉センター

339-0073 埼玉県さいたま市岩槻区上野6-7-1 TEL:048-795-3101

講料:無料

 

参加希望 又はセミナー内容や電気工事について話が聞きたい方は

お電話か、以下申込フォームよりご連絡ください!

 

>>お申込みはこちら<<

  

省エネ活動が“思ったように”進まない…そのような省エネ責任者の方に

ご出席いただきたい内容です!

 

 

◆省エネをしようにも、すでにネタが枯渇してきている

◆やりたいことはあるものの、社内の協力が得られない

◆今後を踏まえ、早くから計画建てをしなければならない

 

●上記に合致する省エネ担当者・責任者様にお聞きいただきたいセミナーです●

当日登壇いただく2大ゲスト講師をご紹介します!

 

 

一人目は…

省エネ責任者として成功事例を構築!現場最前線の取組み事例をご紹介! 

コマツを指揮して原単位50%削減を実現!

元 ㈱小松製作所 全社省エネ総括 主幹 野沢 定雄 氏

 

元全社省エネ総括主幹野沢氏が実現させた小松製作所 小山工場での

省エネ活動驚きの実績!

CO2排出量を原単位で
 2010年度に対1990年比で、47%削減!
 2015年度に対1990年比で、72%削減!対2000年比で、64%削減!
②2003年にエネルギー管理優良工場として「経済産業大臣賞」を受賞!
③2010年に地球温暖化防止「環境大臣賞」を受賞!
④2010年に人材部門で省エネ大賞「経済産業大臣賞」を受賞!

 


その取組みを当日お話しいただきます!

 

 

二人目は…

現場を知り尽くした省エネコンサルタントきっと見つかる!
これから取組む省エネ!
年間省エネ診断件数200事業所以上!

㈱船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント 釜谷 洋平 氏 

 

当日の講演テーマ 工場の省エネ・省力化実践事例30! ~省エネは“まだまだ”できる!

ヒントを掴む為の事例を講演~

 

時間の限り、省エネ事例をご紹介いただきます!!

 

 

◆開催概要

開催日時:2020年3月4日(水)14:00~16:30(13:30開場)

開催場所:㈱あいおいニッセイ同和自動車研究所 埼玉センター

339-0073 埼玉県さいたま市岩槻区上野6-7-1 TEL:048-795-3101

講料:無料

 

参加希望 又はセミナー内容や電気工事について話が聞きたい方は

お電話か、以下申込フォームよりご連絡ください!

 

>>お申込みはこちら<< 

 

皆さまのご参加、心よりお待ちしております!

 

2020/01/30 ~電気設備おたすけ通信 vol8~
~電気設備おたすけ通信 vol8~

 

工場の電気工事はお任せください!

小工事から大きな工事まで多くのお声がけを頂いています!~

 

今回は、改めて当社がどのような工事ができるかをご紹介いたします。

皆様の工場で以下のご要望がございましたら、是非お声がけください!

 

◆照明工事

・更新から故障対応

・最適な照明器具提案

 

◆電源工事

・受電設備対応

・幹線の引き直し

・変圧器の更新

・図面の引き直し

 

◆分、配電盤

・盤増設対応

・漏電対策

・盤設置場所変更

・漏電ブレーカー補修など

 

◆トラブル対応

・漏電調査~補修

・老朽化設備更新

・換気設備補修

・その他設備補修

 

当社は地域密着企業なので”スピード・親切対応第一”でお客様のご要望に応えます!

 

工場省エネ成功の秘訣大公開~特別セミナー開催します!~

中村電設工業では、来る34日に「工場省エネ成功の秘訣大公開セミナー」を開催いたします。

現在、省エネルギーは国として取り組む大テーマの1つになっています。

一方で、現場ではやりたいこともなかなか進まない状況が見られているようです。

そこで、今回は、2名のゲスト講師をお呼びして、どのように省エネルギーを進めていくべきかを

テーマにしたセミナーを企画いたしました。

工場省エネに取り組まれている皆様の省エネ活動の推進につなげていただければ幸いと存じております。

当日、皆様とお会いできますことを心より願っております。

 

◆このような方にピッタリのセミナーです

・もう一通り省エネをして手が無くなった

・お金をかければやれるのに…ばかりだ

・規定が厳しくなかなかやりたいことができない

・具体的に進められる省エネネタが欲しい

 

!今回はそのようなお悩み解決のために特別ゲストが登壇!

元 ㈱小松製作所 全社省エネ総括主幹

野沢 定雄氏

野沢氏は、コマツを指揮して原単位50%削減を実現!現場最前線の取組み事例を公開!

 

◆開催概要

日時:2020年3月4日(水)14:00~16:30

場所:㈱あいおいニッセイ同和自動車研究所 埼玉センター

受講料:無料

 

参加希望 又はセミナー内容や電気工事について話が聞きたい方は

お電話か、以下申込フォームよりご連絡ください!

 

>>お申込みはこちら<<

 

皆さまのご応募、お待ちしております!

 

埼玉県さいたま市岩槻区本町六丁目5番22号

中村電設工業株式会社

TEL:048-758-5588

 

2020/01/22 ~特別号 工場長・省エネ担当者向けセミナーのご案内~

 

~特別号 工場長・省エネ担当者向けセミナーのご案内~

2020年 中村電設工業株式会社主催 特別セミナー

実現させる工場省エネ成功の秘訣大公開

省エネを実践する為の実務&最先端事例大公開セミナー

 

日時:3月4日(水) 14:00~16:30(受付13:30~)

場所:㈱あいおいニッセイ同和自動車研究所 埼玉センター

339-0073 埼玉県さいたま市岩槻区上野6-7-1

TEL:048-795-3101(駐車場有)

お申込み方法:お電話又は、当社ホームページよりお申込みください。

 

>>お申込みはこちら<<

 

受講料:無料

お問い合わせ:TEL 048-758-5588(担当:中村)

 

 

!!聞き逃し厳禁!!省エネの最新事例を持つ2名が集まる!

■他では聞けない2大ゲスト講師が登壇■

特別ゲスト講演①

コマツを指揮して原単位50%削減を実現!現場最前線の取り組み事例を公開!

元㈱小松製作所全社省エネ総括主幹野沢 定雄 氏

 

特別ゲスト講演②

年間省エネ診断件数200事業所以上!

㈱船井総合研究所チーフ経営コンサルタント釜谷洋平 氏

 

スケジュール 

 

 

 

国内最先端!省エネトップモデル企業「小松製作所」の省エネ実務元責任者が語る!

小松製作所 小山工場での省エネ活動の実績!

CO2排出量を原単位で

2010年度に対1990年比で、47%削減!

2015年度に対1990年比で、72%削減!2000年比で、64%削減!

2003年にエネルギー管理優良工場として「経済産業大臣賞」を受賞!

2010年に地球温暖化防止「環境大臣賞」を受賞!

2010年に人材部門で省エネ大賞「経済産業大臣賞」を受賞! 

 

省エネ活動の立役者 野沢様にこんなお話をしていただきます!

●25年の省エネ活動から見えた進め方の秘訣と有効事例とは !?

●どんな設備にどんな省エネを実践したか?その具体策とは!?

全社省エネ分科会の立ち上げ&優良他社への見学会とは !?

●「ESCO」を活用して、初期投資ゼロで省エネを実現!?

製造工程ごとに素材・設計・工法などから生産改革の実施!

 

<このようにお考えの方…ぜひ、ご参加ください!>

投資回収3年のすぐに効果が出る省エネが知りたい!

● 大手企業の「省エネ推進」の考え方が知りたい!

● 省エネ対策の進め方で困っている・・・!

 

日時:3月4日(水) 14:00~16:30(受付13:30~)

場所:㈱あいおいニッセイ同和自動車研究所 埼玉センター

339-0073 埼玉県さいたま市岩槻区上野6-7-1

TEL:048-795-3101(駐車場有)

お申込み方法:お電話又は、当社ホームページよりお申込みください。

 

>>お申込みはこちら<<

 

受講料:無料

お問い合わせ:TEL 048-758-5588(担当:中村)

 

詳しくは以下をご覧ください。

 

明日からすぐ使える内容が盛りだくさんです

たくさんのご参加、お待ちしております!

2020/01/21 ~特別号 売電終了問題対策セミナーのご案内~
~売電終了問題対策セミナーのご案内~

※こちらは、幸手市・久喜市・白岡市・宮代町・五霞町にお住まいで、かつ住宅に太陽光パネルを設置されているお客様向けのセミナーのご案内になります。

 

住宅用太陽光 売電終了問題対策セミナー(無料説明会)

このような方は注意です!ご参加ください!

◆新聞やテレビで「2019年問題」を聞いたが、何も対策をしていない

◆何となく聞いたことはあるが、具体的な準備を何も出来ていない

◆実際に、どのような対策があるかをまだ知らない

◆そもそも2019年問題」が何なのかすら、全く聞いたことが無い方

◆ご自宅に太陽光発電を付けているが「私は関係ない」と思っている方

 

日付:2020年2月15日(土)

時間:<第1部>10:00~12:00 <第2部>14:00~16:00

会場:中村電設工業ショールーム(埼玉県幸手市南三丁目9番5号)

ゲスト講師:㈱船井総合研究所 再生エネルギーチーム 伊藤 匠 氏

      業界専門の方をお招きしました!

 

~セミナーにご来場され、対策を取られた”お客様の声”~

太陽光を有効活用する対策が分かりました!

幸手市S様(SHARP7.5kWh設置)

色々な所から電話がかかってきて不安だったのですが、私の家にぴったりの商品を提案して

頂き、メリット・デメリットも正直に説明していただきました。

これからは作った電気を貯めることができ、災害の対策にもなるので、より良い暮らしが

できそうです。

 

作った電気は貯められるので、2019年問題が来ても安心です!

幸手市N様(Panasonic4.5kWh設置)

太陽光で売電できる期間は10年ありますが、その後の単価は大幅に安くなってしまいます

ので、その対策として蓄電池を導入しました。早いうちに対策をとることができたので、

201911月に売電が終了しても、これでバッチリです!

 

~中村電設工業株式会社のショールームが選ばれる3つの理由~

①買取終了後の対策が分かる!

FIT後の太陽光を有効活用する対策について、特別講師もお呼びして詳しくご説明します!

最新の情報が得られるので、対策はこれでばっちりです!

東京電力より高く電気を買い取ってもらえる方法もご紹介します!

 

②大量仕入れで価格にも自信!

太陽光発電・蓄電池に関しては大量仕入れによりコストダウンを実現しており、平均以下の

価格で商品のご案内をすることも可能です!

県下トップクラス!1000件以上の施工実績から生の声をご紹介!

 

③地元密着企業なので安心!

弊社は幸手市・久喜市・白岡市・宮代町近辺で活動を行っている為、多くのお客様から

気軽にお立ち寄り頂いております!

地元の会社ならではの安心を重視したサポート内容もご紹介! 

 

~ご挨拶~

中村電設工業株式会社 代表取締役 中村康宏

実は「太陽光の買取終了問題」について、テレビや新聞では既に報道されているのですが、まだご存じで

ないお客様も多くいらっしゃるという現状。

「売電終了問題の詳細が分かっておらず、詳しく教えてほしい」「どのような対策があるかをまだ知らな

い」という方は是非一度、中村電設にお気軽にご相談ください。お待ちしております。

 

太陽光発電の買取終了のご相談は無料です。是非お問い合わせください!

>>お問い合わせはこちら<<

2020/01/14 ~省エネおたすけ通信 vol9~

 

~省エネおたすけ通信 vol9~

 

新年明けましておめでとうございます。旧年中は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございました。

本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。

御社のますますのご発展を祈念しますとともに、本年もなお一層のお引き立てを賜りますよう

お願い申し上げます。

 

\2020年省エネ補助金解説レポート無料進呈中/

2020年の”省エネ補助金最新情報”今年、”すぐに使える”省エネ補助金10選!

~毎年恒例のものからあまり知られていないものまで今年、すぐに使える補助金をまとめました!~

 

◆ 昨年の採択率“約70%!小さな設備投資から大規模投資まで幅広く使える省エネ補助金!

毎年公募されている主に電気設備の更新に活用できる省エネ補助金。LED化、R22空調機の更新、PCB含有変圧器のトップランナー化、エアコンプレッサの更新などに使える!

■補助率: 設備費の1/3以内(150万円以上の設備費) 

公募期間:5月下旬~ 

対象設備:下記の設備 

 

昨年の採択率“なんと90”!主に燃料設備が対象の省エネ補助金!

主に燃料設備の更新に活用できる省エネ補助金。GHP、蒸気ボイラ、業務用給湯器、工業炉、コージェネなどに使える!

■補助率: 設備費の1/3以内(150万円以上の設備費) 

公募期間:5月下旬~ 

対象設備:下記の設備

*昨年の公募内容を基に作成しているため今年の公募内容と異なる場合もございます

*必ずしも補助金が活用できるわけではなく、お客様の状況にもよりますので予めご了承ください

 

自家消費型太陽光”の導入で活用できる補助金!

■補助率:設備費+工事費1/3以内

■予算:50億円程度 

公募期間:4月末~(予想)

「導入意義」に社会性が見られる内容に対して、優先的に補助される。

例えば、「緑化条例」に基づき再エネ普及×CO2削減を目的とする、地域の防災のための

「携帯電話充電スポット」として事務所を活用する、など。

 

BCP対策として注目されている“防災・減災補助金”!

■補助率:設備費+設計費+工事費1/2以内

■予算:110億円程度 

公募期間:4月中下旬~(予想)

非常時のエネルギー対策と、平時のCO2削減が目的の補助金。防災協定締結施設、避難所のみが

対象となるが、高い補助を受けることができる。蓄電池の導入は必須。

 

CO2削減に大幅に寄与する「L2-Tech」を導入する際に使える補助金 !

■補助率:1/2以内 

公募期間:4月末~

■補助対象:設備費+設計費+工事費

<「L2-Tech」の認証製品例>GHPEHP、冷凍機、冷凍冷蔵庫、ヒートポンプチラー、

高温水ヒートポンプ、蒸気ボイラー、コージェネ、LED、変圧器、誘導モーター等

 

CO2削減のポテンシャルを計測する際に活用できる補助金

■補助率:~約100万円 

公募期間:5月上旬~

■補助対象:計測費、分析費、業者の現地調査費など

年間CO2排出量が50トン以上3,000トン未満の企業が対象。省エネ計画が上手く立てられない

企業様におすすめ!

 

設備の部品交換や追加により低コストでできるCO2削減のための補助金 !

■補助率:1/2~2/3以内 

公募期間:4月~

■対象業種:全業種(リネン、クリーニング工場以外の製造業は不可)

■対象設備例:断熱材、空調内部機器の交換、インバータ化、廃熱利用、変圧器のトップランナー化等

 

建築物の省エネ改修+設備の省エネ改修で活用できる省エネ補助金 !

■補助率:1/3以内 

補助対象:設備費+工事費

■公募期間:5月中下旬~(予想)

■対象:既存のオフィスビル等の住宅以外の建築物

 

蓄電池の導入で活用できる補助金!知名度が低く、採択率が高い!

 

■補助対象および補助率:蓄電池→1kWあたり8万円or 設備の1/3以内

遠隔制御装置→1/2以内 工事費→2/3以内

■公募期間:6月~12月知名度が低く、採択率は高いものの、対象の蓄電池が限られているため、

蓄電池メーカーの選定が重要 

 

BCP対策としてLPガス対応の非常用発電機の導入で活用できる補助金!

■補助対象設備:LPGバルクユニット、非常用発電機※災害時のエネルギーの安定供給

(避難所としての役割)

■公募期間:5月中下旬~

■補助率:中小企業2/3以内 その他1/2以内主に災害時の避難所としてのエネルギー供給として活用

*昨年の公募内容を基に作成しているため今年の公募内容と異なる場合もございます

*必ずしも補助金が活用できるわけではなく、お客様の状況にもよりますので予めご了承ください

 

2020年省エネ補助金解説レポート」 無料進呈中!

今年、設備更新を予定の企業様は、活用できる補助金を紹介しますのでぜひ一度、

弊社までお問い合わせください!

>>>お問い合わせはこちらから<<< 

 

2019/12/24 ~電気設備おたすけ通信 vol7~
~電気設備おたすけ通信 vol7~

 

どんな難しい条件でも大丈夫!状況別最適照明特集

~LED照明がすぐに切れてしまう…というお悩みを解決~

 

照明をLED化したのにすぐに切れてしまった実は多いです!

LEDにすれば大丈夫は大きな間違え?

 

すでに多くの製造工場様がLED化に取り組まれておりますが、LED化したものの想定よりも早く切れて

しまったというお声をうかがうことも多くなっております。LED照明の寿命が短くなってしまうのは、

高低温環境に弱いという特性上仕方のないことなのです。

また高天井部分の温度だけではなく、状況によって様々にLED寿命が短くなる要因があります。

今回はLED照明が影響を受けやすい環境に対応した照明をご紹介いたします!

 

①冷蔵・冷凍環境でも長持ち!-60℃対応LED

-60℃の環境でも対応できる低温環境用の髙天井用LEDです。冷蔵庫から冷凍庫、冷凍倉庫といった

低温環境でのLED化を実現し、照明の長寿命化を実現します!

 

②天井付近の高温~熱源上でも対応!+80℃対応LED

通常高温環境ではすぐに寿命を迎えてしまうLED照明ですが、本LEDは、80℃の環境でも、

6万時間の寿命を実現するため、高天井や熱源上での施工が可能です!

 

③酸対策LED照明で薬品使用工場でも取付け可能!

薬品環境対応の髙天井用LED。耐酸・耐アルカリ仕様の加工により、化学薬品を使用する環境においても

LED化を可能に、照明の長寿命を実現します!

 

④自動で電源オン・オフ!センサー付LEDで電気代削減!

センサーが動態を感知し点灯する高天井LED照明。センサーにて点灯・消灯を行うことにより、水銀灯に

比べ90%の節電を可能にします!

 

⑤照明の長寿命化を実現!無電極ランプ

およそ蛍光灯の10倍、水銀灯の810倍、LED2.5倍の長寿命照明です。長寿命化により、照明交換の

手間を省くことができます!

 

⑥初期投資なし&管理不要化!LED照明維持サービス

毎月定額料金で照明の維持を代行するサービスです。本サービスは、初期投資なしで照明が切れたとして

もサービスで交換を行うため、設備管理担当者の手間を削減します!

 

⑦安価&高品質なLED化!その希望にお応えします!

弊社は低価格な国内メーカーのLED照明も豊富に取り揃えております!「LED化はしたいけれど費用が

という場合でも、まずはご相談から承ります。

 

中村電設は徹底した現場調査で環境に合わせた照明を提案します!

まずはご相談ください!

 

>>お問い合わせはこちら<<

 

 

2019/12/09 ~省エネおたすけ通信 vol8~
~省エネおたすけ通信 vol8~

冬場の熱源の廃熱対策!効果的な保温&廃熱再利用特集!

~冬場の熱源の熱漏れによるエネルギーロス対策や棄てている廃熱を

再利用する省エネ特集 !

 

◆熱源の放熱対策&効果的な保温

~実は冬場の方が熱源はエネルギーを消費しています~

“蒸気配管からの放熱” “工業炉からの放熱” “温水タンクからの放熱”

 

◆熱源の熱い(温かい)廃熱を有効活用する

~使わないともったいない!意外と気づいていない工場内の廃熱~

“コンプレッサ廃熱” “ボイラ・炉の廃熱” “工場内の廃温水”

 

熱源の廃熱対策 ! 効果的な保温と廃熱再利用 ! 

露出して放熱している蒸気配管に“遮熱シートを施工して保温”!

露出して断熱できていない蒸気配管に“遮熱シート”を施工!蒸気配管からの放熱が抑えられ、保温につながりエネルギー効率がアップ!また、ドレン量も削減できるためボイラの省エネ&スチームトラップのメンテナンス頻度も低減できる!

 

工業炉(ガス炉・電気炉)からの放熱を遮熱シートを貼り付けて保温!

工場内のガス炉・電気炉からの放熱を特殊な“遮熱シート”を活用して保温!放熱が抑えられ、エネルギー効率がアップ!また、放熱が抑えられることで炉内の温度も安定して、乾燥を促進して製品品質も向上&歩留まり率向上! 

 

放熱している温水タンク(ステンレンス製など)に“遮熱シートを貼付・保温”!

 

 

蒸気でお湯を生成しているタンクを特殊な“遮熱シート”を活用して保温!保温により、タンクからの放熱を抑えられ、タンク内のお湯の生成時間を短くすることができる!ボイラの立ち上げ時間も低減して、ボイラの省エネを実現!
 
工場内に“コンプレッサの排気(廃熱)を取り込んで暖房”代わりに!
 
コンプレッサの50℃60℃の排気を工場内に取り込む。取り込むことで暖房を使用する必要なく作業環境を快適に!また、バルブを設置することで夏場は屋外へ排気、冬場は室内へ給気して切り換えながら使用!
 
工場内の炉やボイラの廃熱を活用して“給気の加温や給水の加温”に活用!
工場内の炉や蒸気ボイラの80℃以上の廃熱を回収して活用する。その廃熱を活用し、炉の給気温度やボイラ給水を加温する。特に冬場は給気や給水温度が低くなり、エネルギー効率が悪くなるが廃熱を活用し、エネルギー効率を上げることができる! 
 
工場内で棄てている廃温水を回収して70℃の温水を生成
工場内の廃温水(蒸気ドレン、殺菌温水、洗浄温水、メッキ排水など)を回収する廃熱回収ヒートポンプシステム。これまで棄てていた20℃40℃の廃温水から60℃70℃のお湯を生成。そのお湯をボイラ給水などに活用して、省エネを実現!
 
 
ご質問・ご不明点などございましたら、下記よりお問い合わせください*
2019/11/29 ~電気設備おたすけ通信 12月号~
~電気設備おたすけ通信 12月号~

 

保存版!工場のトラブル修繕

~小さなお困りごとから中村電設では対応しています~

 

トラブルの中で最も怖いものが「漏電」~工場内停電・火災のリスク~

このような方は漏電対策を検討ください!

漏電ブレーカーがたびたび落ちるようになった…
工場稼働は変わらないが電気料金が急に上がった…
漏電しているようだが原因がわからない…
漏電が起きないように配慮しているが不安だ…
アースの破損や古くなったケーブルが多い…
屋根裏に配線が多く、また建屋は雨漏りが発生している

工場自体古いが、定期的なメンテナンスができていない

 

工場稼働において一番のリスクが漏電トラブルです。

特に古くから稼働し、定期的なメンテナンスができていない工場様は漏電リスクが高いです。

是非、漏電対策をご検討ください。

 

!このようなお困りごとがありましたらご相談ください! 

◆漏電・停電対策

 

□電気がきていない

□電気が付かない

◆分電・配電盤

□すぐ落ちる

□付かない

□電気容量を増やしたい

◆スイッチ

 

□付かない

□押しても戻る

□グラグラする

◆電源(コンセント)

 

□焦げ跡がある

□ひび割れがある

□増やしたい

◆照明器具

 

□付かない

□チラつき

□異音がする

◆空調設備

□電源が入らない

□空調がきかない

□異音がする

□異臭がする

◆換気設備

 

□付かない

□動きが悪い

□異音がする

□煙や異臭がする

◆非常器具

 

□非常灯の電源が壊れている

□表示板の更新をしたい

 

!!まずはご相談ベースでお気軽にお問合せください!!

 

>>こちらをクリック<<

 

 

2019/11/11 ~省エネおたすけ通信 №7~
~省エネおたすけ通信 №7~

 

古い空調機使用中の事業所様は注意が必要!

202011日より冷媒R22の製造全廃

今、お使いの冷媒R22の機器でガス漏れ、冷媒不足が発生しても充填できないため、使用できなくなります!

 

このような場合、そろそろ壊れる可能性が高いため注意が必要です!

 

冷媒配管の

距離が極端に長すぎる

冷媒配管にピンホールが

発生している 

冷媒配管がむき出しな

箇所がある

機器から

異音が発生している 

 

そこで!

弊社では“なるべくお金をかけず”に冷媒R22機器を計画的に更新するサポートを行なっております!

弊社にお任せいただければ、このようなお得なご提案をいたします!

 

A補助金活用プラン

 

設備費の3分の1程度の補助金を受けることができます!補助金の申請手続きは弊社が無償で負担いたします!

期間:毎年5月末~7月

メリット:申請して採択されれば、高い補助額ももらえる

 

 

Bリース活用プラン

 

初期投資ゼロで大型予算を取る必要なく安心して導入できます!

※契約期間や利率などは、リース会社によります

期間:特になし 

メリット:初期投資ゼロ、大型予算を取る必要なし

 

 

C一括償却節税プラン

 

中小企業に限って、即時償却or税額控除を受けることができます!新しい機器を入れて、税金対策することもできるのです!

期間:2021年3月末まで

メリット:節税効果

AとB、AとCは併用できる場合もございます!

 

*このような冷媒R22の機器の更新はお任せください*

★冷媒R22機器のリスト化

★更新スケジュールのご提案

★新規導入設備のご提案