ご家庭から事業所まで、電気設備のことなら 中村電設工業株式会社 におまかせください。

 
新卒者の方へ

中村電設工業 株式会社

■幸手本社
〒340-0156
埼玉県幸手市南三丁目9番5号
TEL:0480-42-0731
FAX:0480-43-5450

 

 

新卒者の方へ

 

 

仕事の内容

工事部で採用となった場合には、当面の間はまず施工者として現場を知ってもらいます。
現場には様々な職種の職人や現場を管理する建設会社の所長さんなど、多くの人がかかわり合いながら日々仕事をしています。
現場で様々な人と良好なコミュニケーションをとることが良い仕事につながります。
また、小さな修理や改修工事ではお客様先で先輩社員と作業を行い、お客様のご要望にお応えします。
現場での作業やお客様とのコミュニケーションを通して、社会人としての心構えを学び、お客様から教えていただき、お客様の期待に応えるサービスを提供します。

 

 

 

先輩社員の声

 

01 出会いの印象は最初の6秒間で決まる

平成22年4月入社(入社6年目)
私が中村電設工業に入社して今年で6年目になりました。
これまで数々の現場を担当させて頂きましたが正直、数え切れない程の失敗をし、何度も退社を考えた事もありました。
なにをやっても上手くいかず、先輩・上司・協力業者に注意を
受ける毎日でした。ですが、そんな辛い現場をやり遂げた達成感はとても大きいものです。
失敗を恐れず、次の励みにして乗り越えましょう!
どんな悩みも1人で抱え込まず、先輩・上司に相談してください。
それでも上司に相談し辛い事などもあると思います。
そんな時は年が近い先輩達がたくさんいますので気軽に聞いてください。
それに社員のコミュニケーションと社内の居心地の良い雰囲気は弊社の最大の自慢であると思います。
「出会いの印象は最初の6秒間で決まる」。
どんな時でも明るい笑顔・元気な挨拶が大切です。
共に元気に楽しく仕事できる事を楽しみにしております。 
(県立久喜工業高等学校卒)
 

 

 
 

 

 

 

02 自分を表現できる会社

平成25年4月入社(入社3年目)
私が初めて現場を見学させていただいたときのことです。
一つの現場にこんなにも多くの人が携わっているということに、
驚きと感動を覚えました。将来このような素晴らしい仕事を担当する日が来る。そう思うと、期待と不安が頭の中を駆け巡りました。今は現場でのチェックや書類整理などをしていて、まだ仕事を教わっている段階です。
仕事は大変なこと・分からないことが多く、思い通りにならないことばかりが現実です。
しかし、その後の『できた』、『分かった』というときの達成感は、私の自信になり、今後の励みになります。
今後新しく弊社へ入社される方も苦労することも辞めたくなることもあるかもしません。
でも、心配しないでください。
弊社には、後輩・部下の悩みや相談を嫌な顔せず親身になって
聞いてくれる先輩・上司の方々がたくさんいます。
なので、自分で無理してため込むことはしないで先輩・上司の方々に相談してください。
これから力を合わせ成長していける事を楽しみにしています。
(県立久喜工業高等学校卒)

 

 

 

03 温かい雰囲気の中で

平成27年4月入社(入社1年目)
私が入社してすぐに思ったこと、社員さん全員の仲が良いです。
最初はすごく緊張すると思いますが、年齢の近い先輩社員も多く
気さくに声をかけてくれるので人間関係に困ることはないと思います。
仕事の事ではまず覚えないといけないことがいっぱいです。
いろいろな材料だったり、現場の流れだったりとたくさんありますが、分からないことがあったら先輩や上司の方々に聞けば教えてもらえます。
自分はまだ入社して間もないので現場に行くとわからないことがどんどん出てきます。
その都度質問するように心がけています。
これから入ってくる新入社員の方々に質問されても教えてあげられる先輩になれるように日々勉強の毎日です。
まだ自分は質問する後輩なのでこれからもがんばって成長していきたいと思ってます!
これから入社してくる方々と一緒に仕事ができるのを楽しみに待ってます!
(日本電子専門学校卒)

 

 
 

  

 

04 日々学んだ事をノートに書き留めています

平成27年4月入社(入社1年目)
新入社員として働き始めて数ヶ月が経ちました。
今まで学生だった自分に何が出来るだろうと不安な気持ちで入社日を迎え、新社会人としての自覚を少しずつ積んでいる最中です。
入社前、上手くとけこめるかな、など不安に思っていましたが、
会社内はとても明るく上司・先輩方がとてもフレンドリーに接してくれたので、そんな不安もすぐに消えていました。
それほど、社員の方みなさんとてもいい方ばかりです。
親切な先輩方に一つずつ仕事を教わり、ミスしても私が分かるまで根気強く教えてくれます。
日々、早く先輩のように効率良く仕事をこなせるようになりたいと思っています。そのため私は、業務・反省ノートを作り、先輩から教えていただいたことや、その日失敗したことなどをノートに書き、何を失敗したかを明確にし、何度も間違えないよう工夫しています。
今はまだまだ迷惑を皆様にかけてしまっていて、会社の戦力にはなっていませんが、3年後、5年後には仕事が出来る人材になっていたいと思います。
とても働きがいのある会社です。一緒に働けることを楽しみにしています。
(県立羽生実業高等学校卒)